(※写真はイメージです/PIXTA)

『決算書3分速読から見つける10倍株ときどき50倍株 2年で資産を17.5倍に増やした元証券マンの投資術』(KADOKAWA)の著者〈かぶカブキ氏〉は、証券マン時代に多数のお客様とやりとりをしていました。そこで気づいたのが、銘柄に対する好みが違っても、資産の額が違っても、勝っている投資家の考え方には見事なまでの共通点があるということ。勝ち投資家を目指す人であれば、その共通点がどんなことなのか興味が沸くのではないでしょうか。一緒に見ていきましょう。

株で成功する人の10の思考

勝てる投資家の思考は、大きく10のパターンが挙げられます。中には、自然な感情とは相反するものもあるので、意識して自分の考え方をこちらに寄せていく必要があります。1つずつ解説していきましょう。

 

1.売買の根拠が明確

勝っている投資家は、値動き以外に「買う根拠」を明確に持っており、買った後も保有を続けるだけの根拠を持っています

 

たとえば、業績が上向いている、環境の追い風を受けて売上が伸びそう、構造改革が成功して利益を出しやすい体質になりそうといった、目の前の値動きとは別に、投資する根拠が存在しています。

 

未来を言い当てることは誰にもできませんが、今ある情報をもとに仮説を立てることなら、誰にでもできます。今ある事実を組み立てて、株価が上がるまでのストーリーを明確に示せる銘柄に投資をするわけです。

 

もちろん、これらはあくまで仮説ですからすべて的中するわけではなく、予想外の展開となることもあります。それでも、明確な仮説をもとにした投資であれば、その仮説が間違っていたとわかれば撤退の決断がしやすくなります。

 

そして、なぜ想定通りにいかなかったのか、どのあたりの読みが甘かったのかなど、仮説の立て方自体を振り返り、検証することもできます。

 

仮説のどこに間違いがあったかがわかれば、次回からはそれを改善してレベルアップした仮説の構築も可能になり、投資の精度が上がっていきます。それを繰り返していくことで、投資家としてのスキルは着実にアップし、自分が得意な領域や業種などもわかってくるものです。

 

「この銘柄をなんで持っているんだっけ?」となりがちな人は、投資する際に立てた仮説をメモに記録しておき、株価が上がって売りたくなったときや株価が下がって狼狽したときにメモを振り返ってみることをおすすめします。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ株で成功する人の思考パターン2~3

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧