【移動平均線の活用術】「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」…交差から〈売買タイミング〉を読む!

【移動平均線の活用術】「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」…交差から〈売買タイミング〉を読む!
(画像はイメージです/PIXTA)

株価のトレンドの反転を察知するサインのひとつとして、長期線と短期線、2種類の移動平均線を組み合わせて相場を分析する「ゴールデンクロス」「デッドクロス」が知られています。実際の読み方と、活用における注意点を見ていきましょう。本連載は、経済ジャーナリストの和島英樹氏監修『いちからわかる!株入門 2024年新NISA対応版』(インプレス)より一部を抜粋・再編集したものです。

買いどき・売りどきのサイン

長期線と短期線、2種類の移動平均線を組み合わせて相場を分析する方法に「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります

 

これらは株価の上昇から下降、下降から上昇など、トレンドの反転を察知するサインとして使われています。

 

「ゴールデンクロス」は短期線が長期線を下から上に突き抜けている状態を指します。短期での買いの勢いが強く、価格傾向が下落か横ばいから、上昇に転じた際によく出現します。これから株価が上昇していくことが期待されるため、ゴールデンクロスが現れた銘柄は買いどきであるといえます。

 

一方、「デッドクロス」は短期線が長期線を上から下に突き抜けている状態を指します。デッドクロスが出現した銘柄は、それまで上昇傾向だったトレンドが短期の売りに押されて下落に転じており、今後も下落が続くと予想されます。そのため、デッドクロスは売りのサインとして使用されているのです。

 

ゴールデンクロスやデッドクロスは、日足チャートの場合、5日移動平均線と25日移動平均線の組み合わせや、25日移動平均線と75日移動平均線の組み合わせで使われることが一般的です。

他の指標と組み合わせ、クロスの「ダマシ」を見抜く!

ゴールデンクロスやデッドクロスが出現したからといって、株価が必ず理論どおりの動きをするとは限りません。テクニカル分析全般にいえることですが、通常とは逆の値動きをする相場の「ダマシ」には注意しましょう。ゴールデンクロスやデッドクロスのダマシを見抜くには、移動平均線の交差する角度を見るのも方法の1つです。

 

また、移動平均線を用いたこの手法は、ローソク足の動きとタイムラグがあります。サインが出た時点ですでにトレンドが終わっている可能性も考えられます。

 

ゴールデンクロスやデッドクロスを有効活用するには、これら単一の指標だけでなく、ほかのテクニカル指標を組み合わせ、総合的に判断することが大切です。

 

POINT! クロスが急なほど信頼できる

 

短期線と長期線のクロスが急なほど、ゴールデンクロスやデッドクロスの信頼性は高いといえます。クロスが浅いサインはダマシの可能性があるので注意しましょう。

 

[図表1]クロスが急なほど信頼できる

 

◆クロスの形で売り・買いのサインを読み解く

★ゴールデンクロス★

 

短期線が長期線を下から上に突き抜ける

→ 短期での買いの勢いが強い=これから上昇していくサイン!

 

[図表2]ゴールデンクロス

 

 

 

★デッドクロス★

 

短期線が長期線を上から下に突き抜ける

→ 短期での売りの勢いが強い=これから下落していくサイン!

 

[図表3]デッドクロス

 

★ゴールデンクロス・デッドクロス発生の例★

 

※掲載されている銘柄情報などは2024年3月時点のデータです。
[図表4]※掲載されている銘柄情報などは2024年3月時点のデータです。

 

 

和島 英樹
経済ジャーナリスト

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

※本連載は、経済ジャーナリストの和島英樹氏監修『いちからわかる!株入門 2024年新NISA対応版』(インプレス)より一部を抜粋・再編集したものです。

いちからわかる!株入門 2024年新NISA対応版

いちからわかる!株入門 2024年新NISA対応版

監修:和島 英樹

インプレス

新NISA制度スタートで個別株が投資可能に。さらに日経平均株価は史上最高値を更新し、株式投資に挑戦したい人も多いことでしょう。株式投資は「銘柄探し」「チャートの読み方」「売買方法」などさまざまな知識が必要で、難しく…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧