自治体が独自にLGBTQカップルに対して「結婚に相当する関係」と証明書を発行し、様々なサービスや社会的配慮を受けやすくする「パートナーシップ制度」。日本では、2015年に東京の渋谷区と世田谷区で施行され、いまでは人口の80%をカバーするともいわれています。このような動きもあり、法的には認められないものの、「同性同士の結婚」については広く知られるようになりました。しかし「同性同士のカップルが子供を育てる」ということについては、どれくらいの人が具体的にイメージできているでしょうか。今回、子育てに奮闘するゲイカップルから、「同性カップルの結婚」、その先にある「同性カップルの子育て」について考えていきます。

想像通りにはいかなかった「母へのカミングアウト」

日本では同性同士の結婚は法的に認められていません。そんなふたりが考える「結婚」は、「結婚式を挙げる」というものでした。隼人さんは交際を始めた早い段階で、貴文さんが結婚式を挙げたいと考えていることを知ったといい、また隼人さんもその考えに共感したといいます。

 

貴文「僕の両親はとても仲が良くて。だから自分もいつか結婚がしたい、自分の家族がほしいといった憧れを自然ともつようになりました。また20代も半ばになってくると、周囲でも結婚をする友人が増えてくるじゃないですか。彼らの結婚式に出席すると、すごく幸せそうで『結婚式っていいな』と感じるようになって。同性同士だから籍を入れることはできないけど、それに代わって『結婚式を挙げたい』と思うようになったんです」

 

同性同士は「結婚=入籍」というカタチで繋がることはできませんが、他の方法で繋がりたいと隼人さんも考えていたといいます。そこで貴文さんの想いを知り、ふたりは結婚式に向けて動きだすことになります。しかし結婚式をするためには、お互いの家族へのカミングアウトという大きなハードルがありました。

 

そんなときに、貴文さんにとあるテレビ番組から出演のオファーが舞い込みます。「里帰りしてカミングアウトしませんか?」といった内容でした。悩んだ末、ふたりは出演を決めます。

 

貴文「中学生のころ、1度だけ『男の人が好きかもしれない』とか、それっぽいことを母に言ったことがあったんです。そのときは『理解できない』と言われたのですが、きっと親は親なりに考えてくれていたんですね。里帰りをして『好きな人と結婚式を挙げたい』『相手はルームメイトと紹介していた隼人』と伝えたら、少し戸惑いながらも『もちろん結婚式に行くよ』『隼人君のことも好きだから良かったね』と言ってくれたんです」

 

感動に彩られた貴文さんのカミングアウトに対して、隼人さんのカミングアウトは正反対なものだったといいます。

 

隼人「小学生のころ、父から『なんで、そんなに女女しいんだ。もっと男っぽくしろ!』と叱責を受けたことがあったので、家族にカミングアウトするなら、まずは母親と決めていました。『母親なら分かってくれる』『母親なら応援してくれる』と思っていたんですよね。それで実家に帰ったときに母に『ずっと男の人が好きでした』と伝えると顔は青ざめて『あなたのこと、生まなきゃよかった』と泣いてしまって。僕もショックで涙が出てきて、もうここにはいられないと実家を飛び出しました」

 

カミングアウトの結果を貴文さんに伝えたところ「頑張ったね、でもお母さんが理解できないのも分かってあげてね」と慰めてくれたといいます。それから半年近くは実家と疎遠になったという隼人さん。しかし急展開を迎えます。

 

隼人「彼がカミングアウトした様子が放送された直後に母から電話がかかってきて『お母さん、あんたたちのこと応援するから頑張るんだよ』と。いいVTRだったんでしょうね、急に手の平を返したように(笑)。そのあと、父にはどのように伝えようかと考えていたら、母から『お父さんにも伝えたら、応援してるって言ってたよ~』と。勝手に伝えられちゃいました(笑)」

 

お互い、結婚式へのハードルを無事にクリア。こうして2018年、ふたりは家族や友人に見守られるなか、夫夫になったのです。

 

2018年、たくさんの祝福を受け、貴文さんと隼人さんは夫夫になった
2018年、たくさんの祝福を受け、貴文さんと隼人さんは夫夫になった
次ページ「子どもがほしい」というお互いの想いを叶える

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録