年間9,302億ペソの経済効果!フィリピン初の地下鉄プロジェクト「マニラ首都圏地下鉄」最新の進捗状況

3月4日週「最新・フィリピン」ニュース

年間9,302億ペソの経済効果!フィリピン初の地下鉄プロジェクト「マニラ首都圏地下鉄」最新の進捗状況
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週は日本のODAを活用したフィリピン最大のインフラ建設「マニラ首都圏地下鉄プロジェクト」の進捗状況を中心に解説していきます。

マニラ首都圏地下鉄プロジェクト

フィリピンの財務省(DoF)は、マニラ首都圏地下鉄プロジェクトの第3融資トランシェとなる約560億ペソの融資協定が、来月3月に承認される見込みだと発表しました。

 

レクトー財務長官は記者会見で「DoFとしては、このプロジェクトへの融資確保に全力で取り組んでいます。第3トランシェの融資協定は2024年3月までに最終合意を目指しています」と述べています。

 

今回の融資額は約557億ペソ(1,500億円)で、日本国際協力機構(JICA)からの資金提供となります。第1トランシェは2018年に約388億ペソ(1,045億円)、第2トランシェは2022年に約941億ペソ(2,533億円)で融資協定が締結されています。第4トランシェと第5トランシェの融資協定については、計1,511億ペソ(4,066億円)の融資規模で、現在協議中とのことです。各融資の償還期間は40年となっており、第1トランシェは12年、第2トランシェは13年の据置期間がそれぞれ設けられています。

 

運輸省によると、このプロジェクトはフィリピン初の地下鉄システムであり、現在全体の進捗率は40%となっています。全長33キロメートルの地下鉄は、バレンズエラ駅からビクータン駅までの17駅に加え、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)ターミナル3への支線が設けられ、2029年の全線開業を目指しています。

 

さらにプロジェクトに残る3件の工事契約の入札を当初の第1四半期から第3四半期に延期すると発表しました。バウティスタ運輸長官は、マニラ首都圏地下鉄に加え、MRT-3(メトロレール・トランジット・ライン3)と南北通勤鉄道の運営・維持(O&M)についても資金調達を進めていると話しました。

 

地下鉄は、バレンズエラ駅からマニラ国際空港(NAIA)までの所要時間を1時間30分から35分に短縮することが期待されており、毎日51万9千人の通勤者に恩恵をもたらす見込みです。

 

この大規模プロジェクトの建設は、すでに熟練労働者と非熟練労働者合わせて5,469人の雇用を創出しています。地下鉄が2029年に完全に開業すると、5,500人以上の労働者が雇用機会に恵まれると推定されます。

 

JICAによる以前の調査によると、マニラ首都圏の渋滞だけでも、経済に1日あたり少なくとも35億ペソの損失をもたらしていることが明らかになりました。効果的な対策を講じなければ、2035年には1日あたり54億ペソにまで増加するとされています。

 

マニラ首都圏地下鉄の直接的な経済効果は、車関連費、所要時間削減、カーボン排出量の削減などを通じて、1日あたり約25億ペソ、年間で約9,302億ペソの経済効果が可能になるとされています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページフィリピンへの「海外直接投資」も拡大が続く

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧