年間9,302億ペソの経済効果!フィリピン初の地下鉄プロジェクト「マニラ首都圏地下鉄」最新の進捗状況

3月4日週「最新・フィリピン」ニュース

年間9,302億ペソの経済効果!フィリピン初の地下鉄プロジェクト「マニラ首都圏地下鉄」最新の進捗状況
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週は日本のODAを活用したフィリピン最大のインフラ建設「マニラ首都圏地下鉄プロジェクト」の進捗状況を中心に解説していきます。

【6/1(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?新時代の富裕層が実践する
金融大国「シンガポール」や「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

主要セクターにおける「外国人所有権制限」緩和へ

フィリピンのマルコス大統領は、1987年憲法で定められている公共事業、鉱業、教育、マスメディア、広告などの主要セクターにおける外国人所有権制限の緩和を提案しました。政府は、土地所有権は引き続きフィリピン人とフィリピン資本の企業に独占させるべきだと主張していますが、他のセクターについては、より多くの投資を呼び込むために、外国人所有制限を緩和する方針を示しています。

 

フィリピンは、インフラ整備の遅れ、エネルギーコストの高騰、複雑な規制、非効率な役所手続きなどにより、東南アジアの他国と比べて、直接投資(FDI)の獲得に苦戦しています。そこで政府は経済を開放することで、経済に活気をもたらし、技術やノウハウへのアクセスを向上、生産性を向上させようとしているのです。

 

下院は現在、公共事業、教育機関、広告における外国人所有制限を撤廃するよう求める決議案を審議していますが、政府は憲法改正により、マスメディア、教育機関、広告への外国人投資制限を完全撤廃することを検討しています。

 

また、国家経済開発庁(NEDA)は、規制条項を改正することで、2028年までに貧困率を1桁台に下げるという政府の目標達成に貢献できるとし、公共事業部門への外国人投資を解禁することで、水とエネルギーの供給を改善し、インフラの資金不足を補うことができるとしています。

 

さらに教育部門では、この取り組みによってフィリピン人が世界的な知識、スキル、技術にアクセスできるようになり、革新文化を育み、フィリピンを地域における知識交換の中心地としての地位を確立。さらに、マスメディアへの外国人投資は、地元メディアのグローバルな知名度を向上させ、業界の近代化と拡大を可能にするとしています。

 

マルコス大統領は2025年の中間選挙と同じタイミングで憲法改正の国民投票を実施することを考えています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】5月20日(月)開催
他を圧倒する「高利回り」&「賃料上昇」を実現!
いま、中小企業が取るべき経営戦略
新しい収益基盤を構築する「オフィス投資」の全貌

 

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録