高額な請求が・・・運営Airbnbの「電気代」に関するトラブル対策

今回は、運営Airbnbの部屋の「電気代」にまつわるトラブル事例と対処法を見ていきます。※本連載は、Airbnb総合研究会代表、阿部ヨシカズ氏の著書『インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』(ソシム)の中から一部を抜粋し、Airbnbを始める際に知っておきたい法律面・契約面のポイントや、想定されるトラブルの解決法などを紹介します。

ドアの張り紙に「外出時には電気を切す」ことを明示

ゲストの長期契約で部屋を貸していたところ、異常に高額の電気代が請求されました。調べてみると、ゲストが滞在中に部屋のエアコンなどをつけっぱなしにして外出していたことがわかりました。

 

海外、特に発展途上国では、電気代は日本に比べてかなり安く設定されていて、エアコンを1日中つけておくのが当たり前の国も少なくありません。

 

宿泊料金の中に光熱費などの諸経費を含めることが基本ですので、ホストの立場からみると、無駄な光熱費がかさむ結果となりました。

 

すぐにできる対応として、節電をお願いする貼り紙を出口のドアとエアコンの近くに設置しました。ゲストは日中外出することが多いので、外出する際に出口ドアの貼り紙が目に入るようにすればいいと考えたのです。

 

貼り紙を設置して以降は、電気代が高騰するという現象は発生しなくなりました。電気を切ることをお願いすれば、ほとんどのゲストがそれに快く従ってくれることがわかりました。

季節ごとに光熱費が変動するなら「宿泊費自体」を変更

また、リスティングには、異常なレベルの光熱費がかかった場合は、別途費用が発生する可能性を記載しました。どこまでが通常の電気代なのかをゲストに納得してもらうのは難しいので、実際にゲストに負担を求めるのは難しいですが、あくまでも節電を意識してもらうための対応策です。

 

もし季節によって光熱費が大きく変動することが確実であれば、それを宿泊料に反映させて、季節ごとに基本宿泊料を変更する方法もあります。

 

いずれの対応策を採用するにしても、ゲストに気持ちよく部屋を借りてもらえるような配慮や心遣いは忘れないようにしましょう。

 

【図表】 トラブル回避のポイント

Airbnb総合研究会代表 

日本で最初の民泊の書籍『Airbnb入門ガイド』の著者。 同書はAmazonのカテゴリーランキングで1位を獲得し、2冊目の著書『Q&Aでわかる!初めての民泊』を5月に出版。累計1万部を超える販売部数を誇る。交流タイプ・シェアタイプ・貸切タイプ全てで貸出しており、民泊に関するセミナーを多く開催している。
2016年よりオンラインサロンを開設し、個別なコンサルティングを行っている。

■Airbnb総合研究会
http://airbnb-info.com
■YoshiとManamiの民泊サロン
https://synapse.am/contents/monthly/airbnb_salon

<著作>
『副業ビジネスとしても将来有望! インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』(ソシム)
『Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊』(扶桑社)

Airbnb完全マスター 1Day講座(DVD Package)
http://japanlifedesign.com/airbnb-learning-DVD/

著者紹介

連載副業ビジネスとしての「Airbnb」入門ガイド

本連載は、2016年1月12日刊行の書籍『インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド

インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド

阿部 ヨシカズ

ソシム

Airbnb(エアビーアンドビー)は主に海外からの旅行客に対し民泊の仲介を行うサービスで、日本でも急速に利用者を伸ばしています。 本書では、Airbnbしくみと現状の使われ方、副業としての可能性などのほか、旅館業法などの法…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧