生成AIへの将来投資、1,000万円以上が「2割超」…。「1億円以上」との回答も【経営者・管理職へのアンケート調査】

生成AIへの将来投資、1,000万円以上が「2割超」…。「1億円以上」との回答も【経営者・管理職へのアンケート調査】
画像:PIXTA

企業向けクラウドシステムなどを手掛けるFIXERが実施した日本企業の経営者や管理職を対象としたアンケート調査によると、今後、生成AI関連投資について「1,000万円以上を考えている」と答えた人の割合が2割超に達した。新技術を効果的に利用する企業とそうでない企業の生産性向上の差が広がっていく可能性がある。以下、アンケート調査の結果を詳しく見ていく。

 

企業の「生成AI関連」投資の増加傾向、強まるか

FIXER社が実施した経営者や管理職へのアンケート調査によると、将来的な生成AI関連投資について「1,000万円以上」と答えた人の割合が2割超に達した。2024年は「生成AIの年」との指摘もあり、多くの企業がこの分野に注目している。

 

労働力人口が急激に減少する日本では生産性向上が大きな課題となっていることもあり、企業が生成AI関連の投資を増やす傾向が強まりそうだ。

生成AIを利用しているは約22%

調査では全国の従業員300人以上の企業を対象に2023年10月17~20日に実施し、800件の回答を得た。情報・通信のほか、金融・保険、不動産、流通・小売りなどの企業が対象となった。

 

アンケートで「生成AIを利用しているか」と聞いたところ、「業務で利用している」は21.9%に達した。新しい技術にもかかわらず、中堅以上の企業ではすでに一定数が活用に動き始めていることがわかった。「私用では利用しているが業務では利用していない」は8.8%だった。「私用でも業務でも利用していない」は69.4%だった。

生成AIへの将来投資「1億円以上」の回答も7%近く

「業務に活用するため、将来的に生成AIに投資したいと考えている金額はどの程度か」との回答で「1,000万円以上」と回答した人は20.4%に達した。一定数の企業が生成AIの活用に向けて、ある程度の規模の投資を検討していることがわかった。このうち「1億円以上」との回答も7%近くに達した。

 

 

「1,000万円以上」と回答した人に理由を尋ねたところ、最も多かったのは「生成AIが業務効率化に役立つと考えているから」(54.6%)との答えだった(複数回答)。「現場の人手不足が深刻だから」も47.2%と半数近くに達した。「他社が積極的に対応を進めており、競争に遅れたくないから」も42.3%で多数を占めた。「資金が潤沢で将来投資をする余裕があるから」も14.7%に達した。

 

一方、「現在、どの程度の金額を生成AI関連に投資しているか」との回答では「1,000万円以上」は15%程度だった。最も多かったのは「わからない」で66.1%。「0~100万円未満」も12.4%に達した。現時点では生成AIへの投資は未知数だと考えている企業も多いようだ。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

 

《最新のDX動向・人気記事・セミナー情報をお届け!》
≫≫≫DXナビ メルマガ登録はこちら

※本連載は、ジャーナリスト・日高広太郎氏編集協力のもと作成しております。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録