(※写真はイメージです/PIXTA)

自分の記憶力や健康状態を考えたときに、平均より上であると思ったことはありますか? 自己評価には「バイアス」がかかって自分の実力より、能力を高く評価する人たちがいます。著書『「自信」がないという価値』(河出書房新社)よりトマス・チャモロ=プリミュージク氏が、本当に自信がある人について解説します。

自信のある人は勘違いしているワケ

何か難しいもの、たとえば代数などについて、どれくらい得意か尋ねられたとしよう。たいていの人は、平均より上だと答えるはずだ。そしてもちろん、大多数の人が平均より上になるのは不可能だ。

 

この「自分は平均より上だ」という思い込みは、自分をよく思いたいという無意識の欲求から来ている。この欲求はたいていの人が持っているだろう。

 

実際、自分の能力を過大評価しないのは、自信のない人だけだ。つまり、もしあなたが「平均より上」という幻想を持っていないのなら、ほとんどの人よりも勘違いが少ないということになる。

 

驚くべきことに、この「自分は平均より上」という勘違いは、あらゆる分野で見ることができる。

 

たとえば、ほとんどの人が、自分の記憶力は平均より上だと考えている。健康状態でも同じだ。また、ほとんどの管理職は、自分はリーダーとしてもビジネスパーソンとしても平均より上だと考えている。

 

サッカー選手などのプロアスリートも、自分の能力は平均より上だと評価している。そして私たちのほとんどが、自分と恋人との関係は平均より上だと考えている。

 

この「平均より上」バイアスが、特に顕著に見られる分野がある。

 

たとえば、車の運転の能力に関しては、90%の人が自分は平均より上だと考えている。高校生の90%は、自分の社交スキルは平均より上だと考えている。そして大学教授のほぼ100%が、自分の教える技術は平均より上だと考えている。

 

もちろん、平均より上という自己評価が正しい人も中にはいるだろう。しかしたいていの人は、自分の実力を過大評価している—そもそも、90%から100%の人が平均より上になるのは不可能だ。原則的に、平均より上の人と下の人の数はだいたい半々になるからだ[注1]

 

それに加えて、自分を「平均より下」と評価した人たちの中にも、実際は平均より上の人だっているはずだ。その事実を考慮すると、「平均より上」と評価した人たちの勘違いっぷりがさらに明らかになる。

 

[注1]もちろん、ほとんどの人が平均より上になるケースもまったくないわけではない。たとえば、ほとんどの人が平均より足の本数が多い。少数ではあるが、足が1本の人、または足のない人がいるために、平均が2本より少なくなるからだ。また、これとは逆のケースで、ほとんどの人が平均より下になることもある。この一般的な例が収入だ。たいていの人が平均より収入が低い。ごく一部の超高収入の人が平均を押し上げているからだ。とはいえ、たいていのケースで平均値はだいたい中央値と同じくらいになっている。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページなぜ自分は「平均より上」だと思ってしまうのか

※本連載は、トマス・チャモロ=プリミュージク氏による著書『「自信」がないという価値』(河出書房新社)より一部を抜粋・再編集したものです。

「自信がない」という価値

「自信がない」という価値

トマス・チャモロ=プリミュージク

河出書房新社

本書は、ロンドン大学・コロンビア大学教授にして人材・組織分析の権威が 社会心理学研究に基づき、”自信のなさ”の美点とそれらを武器にする戦略を解説する。 ・自信のある人はたいてい勘違いしている ・自信のなさはあ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録