(※写真はイメージです/PIXTA)

人生の一大イベントであるマイホーム購入。勢いで買いました!……というわけではなくとも、「住宅ローンが不安でならない」という人は多いのではないでしょうか。本記事では国土交通省『令和4年度 住宅市場動向調査』などとともに「日本人の住まい」について見ていきます。

「世帯月収40万円の家族」住宅ローンを払えるか?

■住宅ローン返済額、年間174.0万円

 

国土交通省『令和4年度 住宅市場動向調査』によると、住宅ローンの年間返済額は、全国平均で174.0万円、三大都市圏平均で183.1万円です。

 

さらに詳しく見ていきましょう。分譲戸建住宅取得世帯で平均126.6万円、分譲集合住宅取得世帯で平均148.1万円。また、年収に対する住宅ローンの返済負担率は、それぞれ平均18.8%、17.4%です。

 

中古住宅のローン年間返済額は、中古戸建住宅取得世帯で平均106.7万円、中古マンション取得世帯で平均101.3万円となっています。

 

新築や中古住宅では、返済期間や金利によって返済額に差がでるためあくまで概算ですが、いずれにせよ、家計の支出に大きく影響する数字であることには間違いありません。

 

厚生労働省『2022(令和4)年 国民生活基礎調査』によると、日本の平均世帯年収は545万7,000円です。月収ベースでは月45万円ということになります。手取りは36万円ほど。食費や光熱費、子供がいれば教育費に加えて月額数万円~数十万円の住宅ローンも重なることになれば、生活が厳しくなるのも当然といえましょう。

 

住宅金融支援機構『住宅ローン利用者の実態調査【住宅ローン利用者調査(2023年4月調査)】』では、変動型や固定金利選択型で住宅ローンを組んでいる人の商品特性やリスクに関する理解度について、「理解しているか少し不安」「よく理解していない」「全く理解していない」とする回答が40%~50%を占めたことを発表しています。「なんとなく」で莫大なローンを組んでいる実態が見て取れます。

次ページ住宅ローン「プロに任せておけば大丈夫でしょ」…が命取り

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ