(※写真はイメージです/PIXTA)

年金や補助金、給付金について、常に最新情報を追いかけることは簡単ではありません。また、いざ調べてみても「制度が複雑でよくわからない」という人も多いでしょう。そこで今回、株式会社よこはまライフプランニング代表取締役の井内義典CFPが、申請さえすれば対象者がすぐに受け取れる「年金生活者支援給付金」について、事例を交えながら解説します。

非正規で食いつなぎ…“ギリギリの生活”を続けてきたAさん

現在67歳のAさん。高校を卒業後、大手メーカーの工場で勤務し始めましたが、もともと身体が丈夫でなかったことから、身体を壊して数年後に退職。

 

その後は非正規雇用で食いつなぎ、10年前から実家の自営業を手伝っていました。しかし、両親はまもなく高齢を理由に廃業を決断。Aさんはまたもや職を失ってしまいます。

 

その後、夜間の清掃アルバイトを始めたAさんでしたが、Aさんが60歳を過ぎたころ、相次いで両親が亡くなってしまいました。

 

両親が健在のころは、Aさんのアルバイト収入のほか、世帯年収として両親の年金もあったため、実家暮らしのAさんが困ることはありませんでした。しかし、ひとり世帯になってからというもの、赤字の月も少なくありません。

 

Aさんは細々とアルバイトを続けながら、親の遺産1,000万円を取り崩して生活する日々が続きました。

 

そのようななか、65歳を過ぎて体力の限界を感じたAさんは、清掃アルバイトを退職。現在の収入は月6万円の年金のみです。さらに生活が厳しくなり、Aさんはこれからの生活に不安しかありません。

郵便受けに入っていた「緑色の封筒」…差出人は

そんな厳しい生活が続いていたある日のこと、Aさんは自宅のポストに「緑色の封筒」が入っていることに気づきました。差出人は「日本年金機構」のようです。

 

家に入り、Aさんが封筒を開けてみると、なかには「年金生活者支援給付金請求書」というものが入っていました。

 

まったく心当たりのない封筒に不信感を抱いたAさんでしたが、インターネットで調べてみたところ、どうやら基礎年金を受給している人のうち新たに「年金生活者支援給付金」を受け取ることができる人へ送付しているようでした。

 

低所得者向けの「年金生活者支援給付金」とは?

「年金生活者支援給付金」とは、公的年金とは別の制度で、年金を受給する低所得者向けの福祉的な給付金のことです。2019年10月、消費税が10%に上がることを機に始まった制度で、財源は全額税金です。

 

具体的には、基礎年金(老齢基礎年金・障害基礎障害・遺族基礎年金)を受給している人のなかで「所得が低い人」を対象として支給されることになっています。

 

65歳以上で老齢基礎年金を受給し、所得要件を満たしている場合は、この「年金生活者支援給付金」のうち「老齢年金生活者支援給付金」あるいは「補足的老齢年金生活者支援給付金」の対象となります。

 

Aさんはすでに65歳以上で、かつ所得要件を満たしていることから、このたび「緑色の封筒」が届いたのでした。

 

 

次ページ老齢年金生活者支援給付金を受け取る「2つの条件」

あなたにオススメのセミナー

    ※個人情報保護のため、登場人物の情報は一部変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ