足元の円安は一時的!?…米ドル円相場はすでに「円高トレンド」突入の可能性【米ドル円の予想レンジ】

1月9日~15日の「FX投資戦略ポイント」

足元の円安は一時的!?…米ドル円相場はすでに「円高トレンド」突入の可能性【米ドル円の予想レンジ】
(※画像はイメージです/PIXTA)

足元の為替市場では、米ドル高・円安が続いているようにみえます。しかし、米ドル円相場は円安トレンドが終わり、円高トレンドに転換していることから、足元の円安は一時的である可能性が高いと、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は予想します。その根拠と米ドル円の予想レンジをみていきましょう。

1月9日~15日の「FX投資戦略」ポイント

〈ポイント〉

・先週の米ドル/円は一時146円近くまで急反発。主因は米金利の上昇

・ただし、米金利はすでに低下トレンドへ転換している可能性があり、そうであれば「米金利上昇=米ドル高・円安」も一時的、限定的の可能性

・今週の米ドル/円は142~147円中心で、米金利上昇と米ドル/円反発の限界を試すイメージか

先週の振り返り…一時146円近くまで米ドル急反発

新年最初の取引となった先週の米ドル/円は、141円程度から一時は146円突破寸前まで急反発(図表1参照)。この動きは、日米金利差の「米ドル優位拡大」に沿ったものでした(図表2参照)。

 

出所:マネックストレーダーFX
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2023年10月~) 出所:マネックストレーダーFX

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成 
[図表2]米ドル/円と日米10年債利回り差(2023年11月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成 

 

この金利差拡大について、一部では能登半島地震の影響などにより、日銀のマイナス金利解除が遅れる懸念が出てきたためではないかとの見方もありました。

 

ただ、先週の日本の10年債利回りは、ほぼ横這いでした。そのなかで日米金利差米ドル優位が比較的大きく拡大したのは、やはり米金利が大きく上昇したことが主因だったでしょう(図表3参照)。

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表3]日米の10年債利回りの推移(2023年10月~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

では、米金利は先週なぜ大きく上昇したのでしょうか?

 

米10年債利回りは、過去2ヵ月あまりの間に5%から一時3.8%割れとなるなど、1%以上の大幅な低下となりました。これは、2023年7~9月期に実質GDPが前期比年率で5%近い異例の高い伸びとなったところから、さすがに景気が減速に向かうとの見方によるものだったでしょう。

 

ただこれまでのところ、米景気が急減速しているというほどの「証拠」が確認されるまでには至っていません。たとえば、上述の7~9月期の異例の高成長が見事予想的中し、注目されたアトランタ連銀の経済予測モデル「GDPナウ」の10~12月期GDP予想は、3日更新の最新分で2.5%となっています。これではあくまで「緩やかな減速」という評価ではないでしょうか。

 

一方で、米金利が過去2ヵ月あまりで1%以上と大幅に低下したことで、テクニカルには金利の「下がり過ぎ」懸念も浮上し始めていました。米10年債利回りの90日MA(移動平均線)かい離率は、一時は短期的な「下がり過ぎ」の目安であるマイナス20%近くまで拡大しました(図表4参照)。

 

出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成
[図表4]米10年債利回りの90日MAかい離率(2010年~) 出所:リフィニティブ社データよりマネックス証券が作成

 

以上のように見ると、米景気の急減速を見込んで短期的に「下がり過ぎ」ていた米金利が、行き過ぎの修正により上昇した、というのが先週の動きだったのでしょう。では、この米金利上昇、それに連れた米ドル高・円安はこの先どこまで続くことになるのでしょうか。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ1月の米ドル高・円安は“年内の限られた動きの1つ”か

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ