(※写真はイメージです/PIXTA)

毎年の誕生月に届く「ねんきん定期便」には、年金の「繰下げ受給」について案内が載っていることをご存じでしょうか。これに目を止め、「もらえるお金が増えるなら利用したほうがいい気もするが、いまいち仕組みがわからない」と困ったA夫妻。牧野FP事務所の牧野寿和CFPに相談したところ、繰下げ受給は利用しないという結論に。いったいなぜなのか、具体的なシミュレーションを交えてみていきましょう。

【シミュレーション】A夫妻が「繰下げ受給」を利用したら…

次に筆者は、Aさんが年金の繰下げ受給を行った場合のシミュレーションをしてみました。

 

Aさんは60歳で某企業を定年退職後、現在は元上司の個人事務所で働いています。このまま、70歳までバイトとして勤務する予定です。年収は約100万円。貯蓄が約1,000万円。A家の支出は毎月約25万円です。

 

出所:筆者が作成
[図表1]A夫婦の老齢厚生年金の受給見込額 出所:筆者が作成

※1 特別支給の老齢厚生年金(Bさんは結婚するまでは会社員だった)。
※2 加給年金(39万7,500円)を含む。
※3 振替加算(1万5,323円)を含む。

 

Aさんが通常どおり65歳から年金を受給する場合と、受給開始を5年繰下げて(遅らせて)70歳から受給する場合と、10年繰下げて75歳から受給する場合それぞれについてシミュレーションを行いました。結果は下記のとおりです。

 

出所:筆者が作成
[図表2]Aさん公的年金を65歳、70歳、75歳から受給するイメージ 出所:筆者が作成

 

まず、Aさんは、60歳の退職後はバイト収入だけで、退職金や貯蓄を取り崩して生活していました。しかし65歳から年金受給が始まれば、家計収支は年間30万円くらいの赤字に収まり100歳くらいまで貯蓄を残す生活が可能です。

 

しかし70歳まで繰下げ受給をしても[図表2]のように、65歳からの総受給額を上回る年齢は84歳です。現在64歳のAさんの平均余命は20.25年で約85歳ですので、繰下げる効果は限定的です。

 

※ 厚生労働省「令和4年簡易生命表」より。

また、70歳まで確実にバイト収入があっても年金収入がなければ、この5年間で貯蓄が目に見えて減ります。

 

したがって、Aさんの場合は繰下げ受給の効果は期待できないことがわかりました。

 

◆まとめ…繰下げ受給には「準備」がいる

筆者がここまで話をすると、Aさんは「むやみに年金の繰下げ受給をしてもいいわけじゃないんですね! あぶなかった……決断する前に相談してよかったです」と安堵されました。

 

繰下げ受給をする前には、実際にどのくらい手取りが増えるのか調べたり、繰下げる期間の生活費の準備などが必要です。

 

したがって、「もらえるお金が増えるから」と安易に決断する前に、自分にとってのメリット・デメリットを慎重に見極めることが重要です。ご自分だけで判断が難しい場合は、専門家に相談してみるといいでしょう。

 

 

牧野 寿和

牧野FP事務所合同会社

代表社員

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

 

あなたにオススメのセミナー

    ※プライバシー保護の観点から、登場人物の情報を一部変更しています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ