【NHK大河ドラマで話題】『紫式部日記』は中宮彰子の出産記録だが…著者・紫式部、彰子様のご出産中は「もう気絶寸前」だった

【NHK大河ドラマで話題】『紫式部日記』は中宮彰子の出産記録だが…著者・紫式部、彰子様のご出産中は「もう気絶寸前」だった
※画像=国立国会図書館「国立文化財機構所蔵品統合検索システム」(https://jpsearch.go.jp/item/cobas-48368)を抜粋して作成

紫式部が記した“宮仕えレポート”、『紫式部日記』。その内容の大部分は、紫式部が仕えた「中宮彰子」の出産記録となっています。彰子は藤原道長の娘であり、一条天皇の皇后。紫式部は彰子出産という一大事をどのように書き留めたのでしょうか? 板野博行氏の著書『眠れないほどおもしろい紫式部日記』(三笠書房)より一部を抜粋し、わかりやすく紹介します。

<前回記事>
【NHK大河「光る君へ」で話題】ドドドド…約20人の僧が、渡り廊下を踏み鳴らして〈藤原道長の娘〉の部屋へ。『紫式部日記』第1話をわかりやすく解説

陣痛が起きてから20時間が経過…難産だった彰子

彰子は、寝殿の母屋に用意された白木の御帳台(みちょうだい)*で出産する予定でしたが、なかなか産まれず、9月9日夜半に出産の兆候である陣痛が起きてから、10日を過ぎ、さらに11日に入るとその場所の星回りが悪くなったということで、急遽、建物の北側に移動します。

 

そこはちゃんとした部屋ではなく、目隠しに几帳を幾重にも立て巡らせた、急ごしらえの産所でした。

 

当時、難産は物の怪による祟りだと考えられていました。もしや道長が追い落とした数々の政敵たちの怨念のせいかも…。道長は気が気ではありません。

 

(*御帳台… 2畳分の台に天井を設け、四方に帳〔とばり〕を垂らした箱形の座敷。ここでは、邪気を払うため清浄な白いもの〔白木〕の御帳台を特別に用意した。)

気が気ではない女房たち。紫式部は茫然自失&気絶寸前

修験者(しゅげんじゃ)という修験者を呼び寄せて護摩(ごま)を焚いて大声で祈祷させ、それでも足りず、陰陽師たちも集めに集め、彰子に取り憑いている物の怪どもを調伏(ちょうぶく)すべく祭文(さいもん)を読み上げさせています。

 

さらに、仏の加護を受けるため、彰子も形だけですが出家の作法をしました。頭頂部の髪を少し削ぎ、戒律の誓いを読み上げたりしたのです。

 

その様子を見た紫式部はもう茫然自失、気絶寸前で頭が真っ白になってしまいます。

 

気がつくと、40人もの女房たちが狭い場所にひしめき合って身じろぎもできず、あまりの密集度にのぼせ上がっていました。

 

「不吉ですから、泣くものじゃありませんよ」と言いながらも、皆溢れる涙を押しとどめることができず、ただ泣いてばかりでした。

 

その時です。

 

「おのれぇ~!!」

 

という恐ろしい声が聞こえました。物の怪が調伏されまいと苦しみ、わめきたてているのです。ウソでしょ!? こ、怖い!! それに対抗して僧たちが一晩中声を嗄らして全力で祈祷します。

 

もうあっちもこっちもカオスです。果たして彰子サマは無事にご出産することができるのでしょうか!? がんばって彰子サマ!!

陣痛から36時間後、ご出産!道長待望の「男児」誕生

陣痛が始まってから36時間が経過し、やっとのことで男の子(敦成親王)が誕生しました!! 時刻は9月11日のお昼頃。

 

空が晴れて朝日がパーッと射したような気がしました。

 

紫式部たちの心が晴れたのです。ヤッターーー!!

 

女房たちは彰子の身を心配するあまり泣き崩れ、化粧もはげてしまっています。普通なら男性貴族の方々にこんなひどい顔を見せることなど絶対にないのですが、この時ばかりは、あの美しい宰相の君(さいしょうのきみ)*ですら別人のような顔でした。

 

(*宰相の君…紫式部の同僚の女房で、超美人。『紫式部日記』では「物語の中の姫君のように美しい」と賞賛されている。)

 

「きっと私もひどい顔ね」──紫式部はそう思いましたが、まあお互い様です。

 

でも、まだ油断は禁物!!

 

胎盤など母胎に残っているものが外に出る「後産(あとざん)」を無事に乗り切らないといけません。実は中宮定子*は後産がうまくいかず亡くなっています。お可哀そうに…。

 

(*中宮定子…一条天皇の皇后。『枕草子』の著者・清少納言が仕えた人物。)

 

結局、彰子は無事に後産も終えました。めでたしめでたし!!

 

でも、難産を乗り越えた彰子はヘトヘトです。しばらくは、ゆっくり体を休めたいところですが、このあとお祝いの儀式が続きます。同情いたします…。

 

 

板野 博行

岡山朝日高校、京都大学文学部国語学国文学科卒。ハードなサラリーマン生活から、予備校講師に転身。カリスマ講師として、全国の生徒に向けての講義や参考書を執筆。『紫式部日記』の中で好きな女房は「和泉式部」、好きな男性貴族は「藤原実資」。

著書に、『眠れないほどおもしろい源氏物語』『眠れないほどおもしろい百人一首』『眠れないほどおもしろい万葉集』『眠れないほどおもしろいやばい文豪』『眠れないほどおもしろい徒然草』『眠れないほどおもしろい平家物語』『眠れないほどおもしろい吾妻鏡』『眠れないほどおもしろい日本書紀』『眠れないほどおもしろい徳川実紀』『眠れないほどおもしろい信長公記』(以上、三笠書房《王様文庫》)の他、多数。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、板野博行氏の著書『眠れないほどおもしろい紫式部日記』(三笠書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

    眠れないほどおもしろい紫式部日記

    眠れないほどおもしろい紫式部日記

    板野 博行

    三笠書房

    【2024年NHK大河ドラマで話題!】 今をときめく『源氏物語』の著者として女房デビュー! 仕えたお方は、あの藤原道長の娘、中宮彰子。内気な紫式部を待ち構えていたのは、先輩女房たちの冷たい視線…。 中宮彰子の出産…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ