【NHK大河「光る君へ」で話題】ドドドド…約20人の僧が、渡り廊下を踏み鳴らして〈藤原道長の娘〉の部屋へ。『紫式部日記』第1話をわかりやすく解説

【NHK大河「光る君へ」で話題】ドドドド…約20人の僧が、渡り廊下を踏み鳴らして〈藤原道長の娘〉の部屋へ。『紫式部日記』第1話をわかりやすく解説
中宮彰子は白木の「御帳台(みちょうだい)」で出産する予定だった。写真はあくまで清涼殿だが、白い垂れ布の掛かっている場所が御帳台。(※写真はイメージです/PIXTA)

紫式部が記した“宮仕えレポート”、『紫式部日記』。その内容の大半を占めるのは、紫式部が仕えた「中宮彰子」の出産記録です。中宮彰子は、藤原道長の娘であり、一条天皇の皇后。紫式部は彰子出産という一大事をどのように書き留めたのでしょうか? 板野博行氏の著書『眠れないほどおもしろい紫式部日記』(三笠書房)より一部を抜粋し、本稿では、『紫式部日記』の第1話「秋のけはひ」をわかりやすく解説します。

<前回記事>
【NHK大河ドラマで話題】紫式部、「女房になったきっかけ」がスゴすぎる。才女の伝説は“ここ”から始まった

『紫式部日記』は、中宮彰子の「里帰り出産」から始まる

紫式部が中宮彰子に出仕して2~3年が経った1008年の秋。藤原道長の土御門殿(つちみかどどの)の描写から『紫式部日記』は始まります。

 

---------------------------------------------------------

秋のけはひ入り立つままに、土御門殿の有様、いはむかたなくをかし。

(⇒訳:秋の気配が立ち昇るにつれて、土御門殿の様子は、言いようもなく趣がある。)

---------------------------------------------------------

 

この土御門殿というのは、約6000坪にも及ぶ道長の広大な寝殿造(しんでんづくり)の邸宅のことで、そこに娘の中宮彰子が出産のため里帰りをしていました。

24時間響き渡る「不断の御読経」は、道長による安産祈願

この懐妊こそ、道長にとって待ちに待った出来事でした。中宮定子がいたにもかかわらず、強引に12歳の彰子を一条天皇に入内させてからはや9年。

 

定子は一条天皇との間に一男二女をもうけましたが、4年で3人の子を産むのはさすがにきつかったのでしょう、1000年に24歳の若さで亡くなってしまいました。

 

ライバルが去ったあと、やっと、やっと一条天皇の子を彰子が懐妊したのです。

 

道長の喜びようは半端ではありません。彰子の安産祈願のために12人の僧に命じてシフトを組み、1人2時間ずつの24時間態勢で「不断の御読経(みどきょう)」をさせます。

 

身重の彰子にとってお経の声は、もはやBGMでした。

「男児が生まれたら、権力をほしいままにできる」…必死の道長

彰子が無事に出産することを祈る道長にとっては、24時間態勢の「不断の御読経」だけでは足りません。静寂を破り、明け方4時を知らせる鉦(かね)が鳴ると「五壇の御修法(ごだんのみずほう)」が始まります。これは、五大明王(ごだいみょうおう)*を中央と四方の壇に配置して行う祈祷で、彰子のいる隣の棟で行われました。

 

(*五大明王…不動〔ふどう〕明王・降三世〔ござんぜ〕明王・軍荼利〔ぐんだり〕明王・大威徳〔だいいとく〕明王・金剛夜叉〔こんごうやしゃ〕明王(または烏枢沙摩〔うすさま〕明王)。それぞれ武器を持ち、怒りの形相をしている明王。)

 

こちらの声はBGMというわけにはいきません。彰子の安産を妨げる物の怪を退散させるため、何十人もの僧が競い合うようにして密教の「陀羅尼(だらに)」という呪文のような文句を力強く唱えるものですから、もはや騒音です(失礼)。

 

そして仕上げとして、20人ほどの僧がドドドドと渡り廊下を踏み鳴らして彰子の部屋にやって来て、これまた声を張り上げて経文(きょうもん)や陀羅尼を唱えます。

 

「悪霊退散、安産祈願。なんとかおのこを授けたまえ~!!」

 

…これは陀羅尼ではなく、道長の心の声です。そう、道長としては、安産はもちろんのこと「男の子」を産んでほしかったのです。そうすれば、いずれ天皇の外戚(がいせき)として権力をほしいままにできる、という読みなのです。

 

9月9日夜半に出産の兆候である陣痛が起きてから、すでに20時間を超えました。難産です。

 

当時、難産は物の怪による祟りだと考えられていました。気が気ではない道長に、女房達も茫然自失・気絶寸前の事態に陥ります。

 

果たして彰子は無事出産することができるのでしょうか? 次回に続きます。

 

 

板野 博行

岡山朝日高校、京都大学文学部国語学国文学科卒。ハードなサラリーマン生活から、予備校講師に転身。カリスマ講師として、全国の生徒に向けての講義や参考書を執筆。『紫式部日記』の中で好きな女房は「和泉式部」、好きな男性貴族は「藤原実資」。

著書に、『眠れないほどおもしろい源氏物語』『眠れないほどおもしろい百人一首』『眠れないほどおもしろい万葉集』『眠れないほどおもしろいやばい文豪』『眠れないほどおもしろい徒然草』『眠れないほどおもしろい平家物語』『眠れないほどおもしろい吾妻鏡』『眠れないほどおもしろい日本書紀』『眠れないほどおもしろい徳川実紀』『眠れないほどおもしろい信長公記』(以上、三笠書房《王様文庫》)の他、多数。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、板野博行氏の著書『眠れないほどおもしろい紫式部日記』(三笠書房)より一部を抜粋・再編集したものです。

    眠れないほどおもしろい紫式部日記

    眠れないほどおもしろい紫式部日記

    板野 博行

    三笠書房

    【2024年NHK大河ドラマで話題!】 今をときめく『源氏物語』の著者として女房デビュー! 仕えたお方は、あの藤原道長の娘、中宮彰子。内気な紫式部を待ち構えていたのは、先輩女房たちの冷たい視線…。 中宮彰子の出産…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ