フィリピン証券取引所「自主的上場廃止」「裏口上昇」規制強化へ

12月25日週「最新・フィリピン」ニュース

フィリピン証券取引所「自主的上場廃止」「裏口上昇」規制強化へ
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週はフィリピン証券取引所による投資家保護に向けた対策についてみていきます。

【3/2(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

比証取で横行する「自主的上場廃止」「裏口上昇」

フィリピン証券取引所(PSE)は、最近いくつかの上場企業が非上場化に向けて動いた結果を受けて、任意の非上場に関する規則を強化しようとしています。

 

先週、PSEは任意の非上場、バックドア上場、公正意見と評価報告に関する規則改正を含む協議文書を公表しました。PSEは、上場企業が市場デビューしてから最低10年の上場期間を経ないと、任意の非上場の申請を受け付けないことを提案しています。これは、上場企業が投資家に十分な時間と機会を与える前に非上場化するのを防ぐためとPSEは述べています。

 

今年、Metro Pacific Investments Corp.、Eagle Cement Corp.、Unioil Resources & Holdings Co., Inc.、PICOP Resources, Inc.、Holcim Philippines, Inc.などいくつかの企業がPSEから任意に非上場となりました。

 

PSEは、非上場申請者が95%の所有権を買い取ることを提案していますが、これにマッチしない場合でも、残りの株主の株を誠実な努力で買い取ることを取引所が納得するならば、非上場を許可できるとしています。バックドア上場(裏口上場)に関しても、PSEは制限を提案しており、特に初回上場後の一定期間内にはバックドア上場を禁止する方針です。また、バックドア上場の取引が規則の厳密な基準に完全に当てはまらない場合でも、取引所がそれをバックドア上場と見なすかどうかを柔軟に決定できるようにすることを求めています。

 

*非上場企業が証券取引所の正規の上場審査を受けずに、上場企業を買収・合併することで実質的に上場を果たすこと

 

改正案に関するコメントは、関係者が2023年12月28日までにPSEの法務局に送付できるようです。これらの提案が採用されれば、バックドア上場と任意の非上場に対する規制が強化され、一般投資家を保護する仕組みがより堅固になることが期待されます。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページオカダマニラカジノ…「バックドア上場」の可能性

あなたにオススメのセミナー

    ※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ