(※写真はイメージです/PIXTA)

古くなった紙幣は年間「約30兆円」ほど捨てられています。一体なぜ、紙幣を捨てなければならないのでしょうか。本記事では、お金の向こう研究所の代表を務める田内学氏の著書『きみのお金は誰のため:ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」』(東洋経済新報社)から一部を抜粋します。主人公の優斗とともに、「古い紙幣」を捨てる理由について考えてみましょう。

あらすじ

キレイごとが嫌いな中学2年生の佐久間優斗は「年収の高い仕事」に就きたいと考えていた。しかし、下校中に偶然出会った銀行員の久能七海とともに「錬金術師」が住むと噂の大きな屋敷に入ると、そこで不思議な老人「ボス」と対面する。

 

ボスは大富豪だが、「お金自体には価値がない」「お金で解決できる問題はない」「みんなでお金を貯めても意味がない」と語る。彼の話を聞いて「お金の正体」を理解できた人には、屋敷そのものを譲渡するという。図らずも優斗と七海はその候補者となり、ボスが語る「お金の話」を聞くことに……。

 

登場人物

優斗……中学2年生の男子。トンカツ店の次男。キレイごとを言う大人が嫌い。働くのは結局のところ「お金のため」だと思っている。偶然声をかけてきた七海とともにボスの屋敷を訪れた。

 

七海……アメリカの投資銀行の東京支店で働く優秀な女性。投資で儲ける方法を知るためにボスの屋敷を訪れた。

 

ボス……「錬金術師が住んでいる」と噂の大きな屋敷に住む初老の男性。関西弁で話す。1億円分の札束を「しょせんは10キロの紙切れ」と言い放つなど、お金に対する独自の理論を持つ大富豪。

燃やされるお金

あの洋館の一室で、窓を打ちつける激しい雨の音を聞きながら、優斗はボスと向き合っていた。彼は、とっておきの秘密でも明かすように、得意げな表情でこう言った。

 

「お金に価値がないことは、簡単に証明できるで。毎年、大量のお金が燃やされとるんや」

 

「いやいや、そんなはずないですよ」

 

優斗が愛想笑いをしたのは、彼がふざけていると思ったからだ。

 

「疑うんやったら、これを見たらええわ」

 

ボスは積み上げた山から1つの札束を手に取り、トランプのカードを配るように手首を素早く返した。

 

札束がテーブルの上をすべってくる。優斗は言葉にならない声を上げて、すべり落ちそうになる札束をあわてて受け止めた。初めて触る札束にふたたび心拍数が上がる。そして、緊張とともに別の感情も湧き上がった。

 

「お金も、トランプと同じなんですね」

 

お金を雑に扱うボスの態度に、最大限の嫌味を込めたつもりだったが、彼はまったく意に介していなかった。

 

「どっちもただの紙切れやからな。せやから、紙幣が古くなると燃やして捨てられるんや。その証拠に、古い紙幣なんて存在せえへん」

 

ボスにうながされて、優斗は手元の札束をパラパラとめくってみる。たしかに、古い紙幣は1枚も見つからない。

 

「まあ……そうですね」

 

その事実をしぶしぶ認めた優斗は、ガラス細工でも扱うように札束をそっとテーブルの上に置いた。

 

ボスはニヤッと笑ってから、話し始めた。

 

「使っているうちに紙幣は汚れたりやぶれたりする。5年も使うとボロボロになるから、古いのを捨てて新しい紙幣を使うんや。ほんまに紙幣自体に価値があるなら、古い紙幣を捨てる理由なんてあらへん」

 

もし優斗だけが聞いていたなら、その説明で納得していただろう。しかし、他にも1人、話を聞いている人物がいた。

 

左隣に座る七海だ。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ社会全体の視点に立ったとき「お金」の価値が消えるワケ

あなたにオススメのセミナー

    きみのお金は誰のため:ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」

    きみのお金は誰のため:ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」

    田内 学

    東洋経済新報社

    話題沸騰!Amazonベストセラー総合1位!! 大人も子どもも知っておきたい、経済教養小説! 絶賛の声、続々! 灘中学校・灘高等学校前校長 和田孫博 「本当に素晴らしい本。多くの若者に読んでほしい」 「本が苦手な…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ