(※写真はイメージです/PIXTA)

2023年の漢字として発表された「税」。インボイス制度の導入、防衛費財源の議論、新NISA…。物価高騰で生活が苦しくなるなかで、税金に振り回された人が多かった1年といえます。

今年の漢字「税」

今月12日、清水寺で2023年の世相を表す「今年の漢字」が発表されました。最も多くの票を集め、選ばれたのは「税」。2014年以来2度目の1位となっています。

 

なお「今年の漢字」は11月1日(水)から12月6日(水)までの期間、全国から漢字一字とその理由を募集した上で決定されています。147,878票中、「税」は5,976票(4.04%)でした。

 

「一年をあらわす漢字が税だなんて…」と悲しむ声も聞かれますが、応募者が「税」を選定とした理由としては、

 

***

 

●一年を通して増「税」議論が活発に行われた

防衛力強化に必要な財源を賄うため、法人「税」、所得「税」、たばこ「税」の3つの「税」目での増「税」に関する議論が行われた。賛否両論がある中、増「税」されるのではないかと多くの国民が不安に感じた。

 

●所得「税」・住民「税」の『4万円の定額減「税」』が話題に

過去2年間の「税」収増の還元として、岸田首相から、所得「税」と住民「税」の定額減「税」が実施されることが示された。あわせて行われる低所得者世帯への支援や所得制限の有無など、国民が関心を寄せる検討・議論が多くなされた。

 

●インボイス制度やふるさと納「税」など、多岐に渡る「税」にまつわる話題が取り沙汰された

 

インボイス制度や、ふるさと納「税」のルール厳格化、酒「税」改正、新NISAなど、今年は様々な「税」にまつわる改正や検討がなされ、一年を通じて「税」に関する様々な話題が続いた。

 

***

 

以上の3つが挙げられています。そのほか消費税減税への関心が高まったり、税収が過去最高となったりと、税に関する話題は尽きませんでした。

 

以前に「税」が1位となった2014年は、消費税が5%から8%へ変わった年。今年は非常に多くの税に触れられているのが特徴といえます。

次ページ「税に振り回された」2023年…2024年は?

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ