※画像はイメージです/PIXTA

中国の都市人口の激増ぶりは、世界に類例がありません。そのため、対応するインフラや設備、制度の整備が追い付かず、新たに都市に住むようになった人の多くは、以前から都市に住む住人たちとの大きな格差に直面しているようです。本記事では、香港の金融調査会社ギャブカルのリサーチヘッドであり、米国の米中関係委員会(NCUSCR)のメンバーでもあるアーサー・R・クローバー氏による著書『チャイナ・エコノミー 第2版』(白桃書房)から、中国の都市化と、都市に移住してきた住民たちの生活の実態について解説します。

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

中国の都市化は世界でどれほど異例か?

農村部から都市部へ人々が移住するという現象は、どの国でも工業化が進むにつれて見られる。中国も例外ではなかったが、他の国々と比べるとはるかに大規模に、かつ速いスピードで進んだ。

 

改革開放期前夜の1978年には、都市部には人口のわずか18%しか住んでおらず、この割合は1950年代後半以降、1970年代末頃までほぼ変わっていなかった。しかし、その40年後の2018年には、都市部人口の割合は全体の60%にまで膨らんだ(図表1参照)。このような都市人口シェアの増加は、米国で1860年から1930年までの70年間で起こったものに近い。この間に米国では、都市部の人口が全体の20%から56%までに拡大した。つまり、中国の都市化は米国の約2倍の速さで進んだことになる。

 

出典:NBS/CEIC.
[図表1]農村部・都市部人口の推移 1960~2017年 出典:NBS/CEIC.

 

加えて中国の都市化は、他の国で起きたものよりも格段に多くの人々を巻き込んだ。

 

1978年から2018年までの間に、都市部の人口は1億7200万人から8億3200万人に増えた。つまり、6億6000万人の増加で、これは現在の米国の人口の約2倍に相当する。これに対して米国では、1860年から1930年の間に、都市部の人口は6300万人しか増えなかった。中国の規模に多少でも匹敵すると言えるのはインドだけで、この国では1978年から2018年までの間に都市部の人口が3億1000万人増えた。


この莫大な数をイメージしやすくするには、新たに移住してきた都市住民を、年ごとに新しい街に住まわせたらどうなるかを考えてみるとよいだろう。中国の都市人口は毎年1600万人増えている計算になるので、この人々を住まわせるためには、ニューヨーク市の広域都市圏とフィラデルフィア市の広域都市圏を合わせた規模の街を、35年にわたって毎年つくらなければならない。

 

《最新のDX動向・人気記事・セミナー情報をお届け!》
≫≫≫DXナビ メルマガ登録はこちら

次ページ急速に進んだ中国の都市化の裏側

あなたにオススメのセミナー

    ※本記事は、THE GOLD ONLINE編集部が『チャイナ・エコノミー 第2版』(白桃書房)の一部を要約し、制作しました。

    チャイナ・エコノミー 第2版

    チャイナ・エコノミー 第2版

    アーサー・R・クローバー

    白桃書房

    超大国の本質を多様な切り口で解説! 翻訳でも読みやすい! 僅か40年で日本の2.5倍、米国の三分の二の経済規模にまでなり近年では米国そして国際秩序と対立することもはばからなくなった中国。 先進国の体制とは大きく異…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ