「借金800万円返済のため」で名作誕生!?…ドストエフスキーが“売れっ子作家”になれた「意外な理由」【偉人研究家が解説】

「借金800万円返済のため」で名作誕生!?…ドストエフスキーが“売れっ子作家”になれた「意外な理由」【偉人研究家が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』といった数々の名作を残したロシアの作家、ドストエフスキー。実は大のギャンブル好きで、生涯を通じて借金取りに追われていたことをご存じでしょうか。『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)の著者で偉人研究家の真山知幸氏が、つい自分に厳しくなってしまう現代人にこそ知ってほしい、文豪の“逃げエピソード”を解説します。

賭博に愛人、借金まみれの生涯を送ったドストエフスキー

 

出所:真山知幸氏著『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)
ドストエフスキー 出所:真山知幸氏著『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)

 

<略歴>1821年~1881年。ロシア帝国のモスクワ生まれ。24歳のときに処女作『貧しき人々』が絶賛され、華々しく作家デビューを果たす。1849年、政治犯として逮捕されてシベリアで服役。出獄後に『死の家の記録』等で復帰。『罪と罰』『白痴(はくち)』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』など名作を残した。

 

 

壁のくぼみに身を隠した学生時代

ドストエフスキーは、陸軍中央工兵学校に入学するが、何かと浮いた存在だった。

 

クラスメイトたちが、舞踏会や祭典の話題で盛り上がっていても、なにがそんなに楽しいのか、まったく理解できない。将来の夢の話になっても、社交界や華やかな生活に憧れるばかりの級友たちを、冷めた目で見ていたようだ。当時をこう振り返っている。

 

「あの連中の物の考え方の浅薄さ、その勉強ぶり、遊戯、会話の愚かしさに驚かされたものである。すでにその頃から人生の成功だけに頭をさげるように飼い慣らされてしまっていた」

 

罵倒が止まらないドストエフスキーだったが、たかだか16歳にもかかわらず、高収入が得られる地位につくことしか関心がない、クラスメイトたちの底の浅さに心底あきれたらしい。「彼らは醜悪なほど堕落しきっていた」とまで言っている。

 

そんな調子だから友達ができるはずもなく、憂鬱でふさぎ込むようになったドストエフスキー。教師もクラスメイトも避けながら、本をかかえて廊下をうろつくばかりだった。一方で、孤立したドストエフスキーのことを、気にかけた同級生もいた。こんな証言をしている。

 

「寂しがっていただろうか、それとも勝手にそう思っていただろうか、ぼくらにはよくわからなかった。極端なまでの自負心、こまやかな情感、肉体的虚弱、そういったものが彼を閉鎖的な人間にしていた」

 

休み時間になると喧騒から逃れるように、ドストエフスキーは運河に面した、窓辺の壁のくぼみに静かに身を隠していた。「放っておいてほしい」オーラ全開である。

 

そうして同級生との交流を避ける日々だったが、やがてその孤高の姿に興味を持つクラスメイトが現れはじめる。ドストエフスキーは5人程度のグループのリーダーとして、詩や理想について語り合ったり、読むべき小説について指導したりするようになった。

 

もう独りぼっちではなくなったけれども、気難しい性格は相変わらずだ。自分の作品解説に対して、仲間から反論が出ると、ドストエフスキーは激しく相手を攻撃した。

 

たまらず相手が逃げ出すと、ドストエフスキーは説得するために、本を持って追いかけていったという。逃げたり追いかけたり、忙しいドストエフスキーだった。

 

ギャンブルに逃避して借金まみれ

学校卒業後はペテルブルクの工兵隊製図局に勤務するも、1年足らずで退職。兄には「勤務には、ジャガイモみたいに飽き飽きしました」という独特の言い回しで報告している。ドストエフスキーは手紙でこう続けた。

 

「さて、さしあたり何をするか、それが問題です。8,000ルーブルの借金がありますからね」

 

なんだか呑気だが、8,000ルーブルは、現在の紙幣価値では、実に800万円以上。仕事を辞めたばかりで、なぜそんなに借金があるのか。しかも、ドストエフスキーは勤め先の給料以外に、父親の残した領地からも収入を得ており、経済的にはかなり恵まれていた。

 

ドストエフスキーに宛てられた兄からの手紙を読めば、借金のワケは一目瞭然である。

 

「お願いだ、もう賭博はやめてくれ。どうしてわたしたちの幸福をもてあそばねばならんのだ? 生命をかけてやらなければ、幸運は開けないものだ」

 

出所:真山知幸氏著『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)
ギャンブル狂のドストエフスキー 出所:真山知幸氏著『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)

 

そう、ドストエフスキーはギャンブル狂だった。若い頃から仕送りのほとんどを賭けビリヤードとドミノにつぎ込んだ。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ愛人に会いに行く途中でも…

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、真山知幸氏の著書『逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

    逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ

    逃げまくった文豪たち 嫌なことがあったら逃げたらいいよ

    真山 知幸

    実務教育出版

    あの偉大な文豪も、逃げまくっていた!? 知れば知るほど勇気をもらえる文豪の逃げエピソード集! 誰もが知る文豪たちも、実は仕事や勉強、家族や借金取りから逃げた「逃げエピソード」を持っている。厳しすぎる学校から逃亡…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ