(※写真はイメージです/PIXTA)

人生3大支出のひとつである「老後資金」。不安を抱く人も多いでしょう。しかし、正しいお金の知識を身につけ、明確な計画を立てておくことで、その不安は解消できると、FPである田中和紀氏はいいます。本記事では、金融業界25年のキャリアを持つFP田中和紀氏による著書『FPが教える!マネーリテラシーを高める教科書』(ごきげんビジネス出版)から、老後の資金計画の立て方について解説します。

老後の不安は「お金」ではなく「無知」からくる問題

人生3大支出において、老後は注目される話題であり、老後2,000万円問題もそのひとつでしょう。少子高齢化や日本の低成長で年金資金が足りなくなり、社会保険料や税金の負担が重くなりつつあります。

 

老後は働けず、お金を借りることも厳しい状況で、多くの人たちが不安となっています。マスコミも不安を煽れば注目されるため、老後不安の話題はつきません。老後不安を煽られ、ますます不安も続くという悪循環は社会を暗くしています。

 

しかし本当の不安はお金の問題ではなく、無知から来る問題ではないのでしょうか。お金があっても、盗難や浪費があればなくなります。知識があれば、盗難や浪費はもちろん、あらゆる危機に対処可能です。老後の不安も知識でカバーできるのです。

 

私個人の老後の考えをお伝えしましょう。私は普通のサラリーマンを10年で辞め、その後は15年以上自営業を営んでいます。現在は第1号被保険者であり、サラリーマンを続けている第2号被保険者より年金は期待できないため、プランを明確にしています。その計画は簡単で、ただ長く働き投資を続けることです。

 

年金を10年繰り下げ受給すると…

年金は65歳から受け取れますが、その時期を伸ばし、70歳や75歳で受け取ることを目指しています。年金受給を繰り下げることで、年金額は増額します。75歳からの受け取りであれば、65歳から受給できる額の1.84倍です。仮に100万円の年金であれば184万円、150万円の年金であれば276万円、200万円の年金であれば368万円。このように10年繰り下げることで、大きく変わってくるのです。

 

であれば、75歳まで働き続けることが必要になります。私の場合は自営業で定年はありません。あとは健康に気をつけておけばよいでしょう。そのために、健康管理や体力維持を自分なりに心がけています。仕事も嫌いではないので、モチベーションは維持しています。

 

そして仕事柄、投資も得意です。たとえ働けなくなっても、投資はアタマさえしっかりしていれば続けられます。仕事と投資の二刀流で、年金受給を伸ばす方針です。会社員に比べ、リスクがある自営業であり、貯蓄よりリスクがある投資ですが、自分にとっては心強い味方ですね。私の老後プランは、健康を維持し仕事を長く続け、投資や年金繰り下げでお金を準備していくスタンスです。

 

プランを明確にしていれば、不安は少なくなるでしょう。もちろん、人生は何が起こるかわかりませんが、知識があれば、そのときに対処可能かと思われます。

 

そして日本には、最低限の生活を保証する生活保護もあるのです。外国に比べれば社会保障は恵まれています。不安でストレスを溜めて不幸にならず、知識を身につけ、ストレスを払拭しましょう。

 

老後のお金への対応は、明確なプランをもつことですが、基本は老後の収支を明確にすることです。そして消費を抑えることが最強になります。少ない支出で楽しく過ごせる術を学べばよいのです。限られた資産を効率的に使い、身の丈にあった消費ができるようになりましょう。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ退職金だけでは足りない…会社員として老後に備える方法

あなたにオススメのセミナー

    FPが教える!マネーリテラシーを高める教科書

    FPが教える!マネーリテラシーを高める教科書

    田中 和紀

    ごきげんビジネス出版

    お金と安心して付き合うためには「稼ぐ」「運用する」「使う」こと! これからの時代を楽しく生き抜くための、「お金の知識」が身につく1冊。 本書では、人生プランの考え方、保険加入のポイント、お金はなぜ銀行に預ける…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ