(※写真はイメージです/PIXTA)

2050年のアメリカは、経済、地政学、文化の面で支配的な勢力ではなくなる。ただし現状、同国の次に世界の経済と政治の「心臓」となれる国は存在せず、この「《心臓》なき《形態》」という袋小路を突き進もうとすると、人類は「気候」「超紛争」「人工化」という3つの致命的な脅威に直面することになる――。ソ連の解体やウクライナ危機など数々の世界的危機を予見してきた“欧州の知性”、ジャック・アタリ氏はこのように予測します。アタリ氏の著書『世界の取扱説明書』(林昌宏訳、プレジデント社)より一部を抜粋し、本稿では「超紛争」について見ていきましょう。

 

-----------------------------------------------

読者は、大げさだと思うかもしれない。しかしながら、今後の30年間、無策と先送りに終始するのなら、人類は新たな「心臓」をつくり出すことができずに、「《心臓》なき《形態》」へと迷い込む。そこでは、自分たち自身が生み出す3つの脅威が具体化し、人類は身を守る術を見出すこともなく一掃されるだろう。

-----------------------------------------------

2050年ごろに直面する「超紛争」

カリフォルニアの「心臓」が消滅する時期、中国がカリフォルニアに代わって「心臓」になることに失敗する時期、市場が国家に勝利する時期、気候変動の影響が耐え難くなる時期などよりもずっと以前に、水資源、食糧、一次産品、富の公正な分配、領土の拡大、分離独立、世界からの孤立、世界の征服、信仰の押し付け、異なる信仰との対立、価値観の確立、外国人あるいは自国人の追放をめぐる戦いが起こる。

 

気候変動、そして世界各地での教育制度をはじめとする社会制度の崩壊(とくにアフリカと中東)により、上位中産階級を除き、非識字率が上昇する。その結果、多くの国では、宗教が権力を握る。女子だけでなく男子も、宗教教育しか受けられなくなる。彼らは、洗脳された後に戦士にさせられ、異教徒を抹殺し、信仰心のない者たちが暮らす土地を武力で征服しようとする。

 

多くの地域では、民間、国、国際機関の民兵による軍事独裁政権が、悪党や世界の濁流から地域住民を保護するという口実で、地域の富の支配権を握る。いつものように、こうした蛮行のおもな犠牲者は、女性と子供だ。

 

「心臓」の地位をめぐる争いによって、既存の紛争が激化する恐れがある。たとえば、ロシアとウクライナ、アフリカの角(つの:〔アフリカ大陸東端の半島〕)、湾岸諸国などで進行中の紛争だ。これらの他にも、ロシアとヨーロッパ、北朝鮮と韓国、日本と北朝鮮、中国と台湾(今日、世界のコンテナ船の半数は、両国を隔てる海峡を通過している)、中国と日本、ロシアと日本、インドとパキスタン、インドと中国、イスラエルとその近隣諸国(イランとパレスチナなど)、トルコ・イラク・シリアの間、アルジェリアとその近隣諸国、北アフリカとサブサハラ以南など、現在は小康状態にある紛争も激化することが予想される。とくに、コンゴ民主共和国とスーダンなどにおいて進行中の数多くの紛争は、さらに残虐で大規模な戦いに発展する恐れがある。またしても、これらの紛争で真っ先に犠牲になるのは、女性と子供だ。

 

北極圏では氷帽(ひょうぼう)の縮小により、将来の海路とこの地域の地下資源をめぐって近隣諸国の間で争いが起こるだろう。

 

EUが崩壊すれば、フランスとドイツの間で最悪の事態が再燃するかもしれない。

 

これらのほとんどの紛争には、アメリカ、中国、ロシア、EUが関与することになる。しかしながら、民主主義国同士が戦火を交える可能性は、依然として低い。

「新たな武器」は民兵やテロリストなどの手にもわたる

監視、抑止、破壊、サイバー攻撃などに関する新たな武器を入手するのは国家だけではなく、これらの武器は、民兵、海賊、テロリスト、マフィア、麻薬カルテル、宗教原理主義者の間にも出回る。超小型のドローン、各種ロボット、生物兵器、そしてデジタル技術、遺伝学、バイオミメティクス、ナノテクノロジーに基づく合成ウィルスが登場する。

 

警察官と同様、身体能力を増強した「拡張兵士」は、ほとんどの武器、そして極寒や酷暑から身を守ることができ、偵察および殺人ドローンの群れを従えて戦地に出向く。

 

今日の大陸間弾道ミサイルの5万倍の速度で、命中精度もきわめて高いレーザー砲が開発される。

 

干ばつ、降雨、嵐、疫病を人為的に引き起こすことができるようになる。

 

世界中でサイバー戦争が起こる。軍隊、病院、司令塔を機能不全に陥れることに関して、ネットワークと人工知能を対象にするサイバー攻撃は、従来型の爆撃よりも効果を発揮する。

 

人工知能は、人間なら躊躇するような過激な決断をくだす。その結果、人工知能を利用する側が、人工知能に脅かされることさえある。人工知能が特定の人間集団、あるいは人類全体に戦争を仕掛けることさえ考えられる。

 

フェイクニュースにより、憎悪がかき立てられ、スケープゴートが名指しされ、紛争が勃発する。

 

全体主義の国家から大勢の人々が逃げ出し、民主主義国へとなだれ込む。

誰も反対できないまま、多くの国が核兵器を保有することになる

『世界の取扱説明書』第5章で述べたように、多くの国境が変動するだろう。ロシアは3つに分断され、1つめはヨーロッパ、2つめの極東部分は中国、3つめはトルコに併合される。ちなみに、トルコは中央アジアの大国になるかもしれない。シリアとイラクは分裂する。マリ、ナイジェリア、コンゴ民主共和国などのアフリカ諸国は解体される。

 

そして、誰も反対することができないまま、多くの国が核兵器を保有することになる。北朝鮮の核保有を容認すれば、国際社会は、北朝鮮の近隣諸国である韓国、日本、オーストラリアの核保有を阻止できなくなる。ブラジルも、核保有に意欲を見せるだろう。イランも、まもなく核開発に必要なすべての段階を終える。そうなれば、サウジアラビアも核兵器を保有しようとするに違いない。ナイジェリアも、核保有に意欲を示すだろう。核保有国が増えれば増えるほど、当然ながら核兵器が利用されるリスクは高まる。

 

 

【著】ジャック・アタリ(Jacques Attali)

1943年アルジェリア生まれ。フランス国立行政学院(ENA)卒業、81年フランソワ・ミッテラン大統領顧問、91年欧州復興開発銀行の初代総裁などの、要職を歴任。

政治・経済・文化に精通することから、ソ連の崩壊、金融危機の勃発やテロの脅威などを予測し、2016年の米大統領選挙におけるトランプの勝利など的中させた。

林昌宏氏の翻訳で、『2030年 ジャック・アタリの未来予測』『海の歴史』『食の歴史』『命の経済』『メディアの未来』(プレジデント社)、『新世界秩序』『21世紀の歴史』、『金融危機後の世界』、『国家債務危機――ソブリン・クライシスに、いかに対処すべきか?』『危機とサバイバル――21世紀を生き抜くための〈7つの原則〉』(いずれも作品社)、『アタリ文明論講義:未来は予測できるか」(筑摩書房)など、著書は多数ある。

 

【訳】林 昌宏

1965年名古屋市生まれ。翻訳家。立命館大学経済学部卒業。

訳書にジャック・アタリ『2030年ジャック・アタリの未来予測』『海の歴史』『食の歴史』『命の経済』『メディアの未来』(プレジデント社)、『21世紀の歴史』、ダニエル・コーエン『経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える』(いずれも作品社)、ボリス・シリュルニク『憎むのでもなく、許すのでもなく』(吉田書店)他、多数。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】2月28日(水)開催
【マレーシア現地から中継!】
〈リスク低減〉と〈高い利回り〉を両立する
「海外民泊投資」新必勝法!

 

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

 

【海外活用】3月2日(土)開催
従来の分散投資で資産を守れるのか?
新時代の富裕層が実践する
「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、ジャック・アタリ氏の著書『世界の取扱説明書』(林昌宏訳、プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    世界の取扱説明書

    世界の取扱説明書

    ジャック・アタリ
    林 昌宏(訳)

    プレジデント社

    【2050年、世界はどうなっているのか。私たちはそれまでに何をすべきなのか。2023年〜50年の世界を大胆予測する。】 混沌を極める世界情勢で、私たちはどう現在と未来を読み解くべきでしょうか。 ジャック・アタリ氏は地…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ