前回は、株式投資で結果を出す際に重要な「マネーマネジメント」について説明しました。今回は、株式投資で勝率を上げる「マネーマネジメント」の徹底について見ていきます。

マネーマネジメントは勝率を上げるためのスキルの一つ

知識やノウハウ、手法は利益の源泉のたった20%しか影響しません。いくら知識やノウハウがあっても、正しいマネーマネジメントを実践できなければ、相場から退場せざるを得なくなるのです。本連載をお読みの皆さんには、マネーマネジメントは自分の身を守り、収益チャンスを増やすためのスキルの一つだと考えていただきたいと思います。

 

まずは10回取引を続けることを心に誓ってほしいです。当たり前ですが勝率が60%のコンピューターゲームを10回続けた場合、6回は勝てるのですから、1回目で終わるよりも10回続けた方がそれだけ勝てる確率が上がってきます。つまり、マネーマネジメントを徹底して行うという前提のもとで投資を続けていれば、いつかは勝てるときが訪れるということです。

株価の変動で気持ちが揺ぐと、チャンスを逃す

これは買いを入れるときの話ですが、低位株投資において株価が少し動き出したとはいえ、相対的にはまだ低位な水準にあり、なおかつ名前も知らない会社の株を買うのはなんだか怖い、と思う人は結構いるでしょう。

 

投資家の多くは、株価が上がっているときはもっと上がるのではないかと強気になり、株価が下がっているときはもっと下がるかもしれないと弱気になるものです。それゆえ、せっかく「上昇パターン」が出現したことに気付いても、本当に買っても大丈夫なのかと、考えあぐねているうちに、初動の段階を超えて上昇してしまうことがよく起こるのです。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2015年12月10日刊行の書籍『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

    初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

    紫垣 英昭

    幻冬舎メディアコンサルティング

    アベノミクス効果や日銀の金融緩和により、賑わいをみせている日本の株式市場。昨年からはじまったNISAに続き、ジュニアNISAの創設や教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置の延長など、若年層にむけての資産形成支援も充実…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ