理想の家が購入できる!? 住宅ローンを副業収入から支払う方法

前回は、住宅ローンは「変動金利と固定金利」のどちらを選ぶべきかを紹介しました。今回は、「アパート経営」で理想的な家を手に入れる方法について見ていきます。

貯めた「1000万円」を元手にアパートを建てる

ここまで本連載を読んでこられた方は、深く考えずに家を買うことが、いかに無謀かということがイメージできたと思います。

 

では、それでも家が欲しい場合、どうしたらいいのでしょうか。

 

答えは、貯めた1000万円を頭金にして、アパートを建てることです。あるいは賃貸併用住宅でもいいでしょう。黙っていても賃貸収入が入ってくる家を買い、毎月のローンを自分の給料以外からまかなうのです。

 

たとえば、賃貸併用住宅なら、通常の賃貸アパートなどの建設では利用できない住宅ローンが利用できます。そうすれば、ローンを払うために節約したり、仕事をもっと頑張って収入を増やす必要もなくなります。

 

賃貸併用住宅といっても、あまりピンとこないかもしれませんので、私の例をお話ししましょう。

 

私の自宅は賃貸併用住宅です。価格は1億2000万円でした。最初は5000万円くらいの家にしようかとも思ったのですが、いろいろ見て回ると、とても狭い家ばかりでした。子どもも2人いますし、もう少しのびのびとした家に住みたい。そこで考えたのが、賃貸併用住宅を建てることでした。1億2000万円出した家は、都内でも結構いい家だと自負しています。

 

ただ、当然のことながら、高額なローンがのしかかってきます。月々のローンを40万円払っています。しかし、家賃収入が毎月60万円あるので、ローンを払っている感覚はまったくありません。

 

サラリーマンが月40万円のローンを払おうと思ったら、月給が100万円くらいはないと生計は成り立たないでしょう。100万円もらっているサラリーマンはほとんどいないので、多くの人が、自分が欲しいと思う家の購入をあきらめています。

 

しかし、どんなにローンが高くても、同じ額の収入が見込めれば安心です。家は、上手に買えば、ローンをまかない、さらにお小遣いまでも得られるかもしれない「賃貸収入」を生むのです。

 

先に述べたとおり、そういう意味でも家は購入したほうがいいのです。

 

家を持っていると、ローンを払い終わってからも固定資産税や修繕費がかかりますが、賃貸収入があれば、その支払いも安心です。それらの経費を払ってしまえば、残りはまるまる自分の収入になります。

 

人生設計が大きく変わり、不労所得で悠悠自適の暮らしを送ることができるのです。

加入必須となる「団体信用生命保険」のメリット

家を買うときは、「団体信用生命保険」に入ります。

 

これは、住宅ローンを払っている人にもしものことがあったときに、以降の支払いをしなくてもよくなる、という保険です。

 

つまり、万が一あなたに何かあったときでも、住まいという財産を家族に残すことができるというわけです。ですから、住宅ローンを組めば、生命保険に入る必要はないのです。

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧