(※写真はイメージです/PIXTA)

高齢者施設の運営会社、介護コンサルタントとして17年間の経験を有し、うち約4年間を高齢者施設の施設長として勤務した山田勝義氏が、ある認知症の入居者とのエピソードをご紹介します。

正面玄関のドアを「ドンドン」…一日中険しい表情の佐藤さん

ある日の朝、佐藤さんは正面玄関のドアを「ドンドン」と叩いています。私が、佐藤さんの斜め前に立って、いくらなだめても手を振り払うほど激しい行動を取るのです。「天気や気圧の影響があるのかな?」と思いつつ、その日の佐藤さんは一日中非常に険しい表情を浮かべていました。

 

そして翌日の佐藤さんは、また柔和な表情のいつもの佐藤さんに戻っていました。私としては「まあ、たまたまだな」くらいに軽く考えていました。

 

そしてひと月ほど過ぎたある日、また佐藤さんは前回と同様に、激しい表情で正面玄関のドアを「ドンドン」と叩いているではないですか。そこで、一体何が理由なのであろうかと少し離れたところから、佐藤さんの行動や言動を、じっくりと観察してみました。

 

その時分かったことは、佐藤さんは、よく黒いセカンドバッグを持って歩いているのですが、そのバッグを「激しく握り締めている」のです。

 

このような繰り返しが、約3ヵ月程度続いた月末の昼食時、スタッフから緊急の連絡がありました。

 

それは、「佐藤さんが2階のレストランの窓から飛び降りた」というのです。

 

私は、急いで階段を駆け上り、2階レストランに行ってみました。そして、窓から外に目を向けると、歩道を一生懸命歩く佐藤さんの姿を見つけました。

 

佐藤さんは、歩道を足を引きずりながら、駅の方面に向かって歩いているのです。

 

私は、老人ホームから駆け出し、すぐに佐藤さんを追いました。そして佐藤さんにやっとの思いで追いつくと、佐藤さんは脚をひどく骨折しているではありませんか。

 

私は佐藤さんを驚かせないように、ゆっくりとした口調で声を掛けてみました。

 

「佐藤さん、良い天気ですね。どちらにお出掛けになるのですか」

 

その時、佐藤さんは必死の表情で私に言葉を発したのです。

 

「お金を入金しなければ」

 

その時、初めて私は理解することができたのです。そう今日も月末、そして佐藤さんが、月末になると激しく正面玄関のドアを叩く理由が。

次ページ佐藤さんが「ドアを叩いていたワケ」

あなたにオススメのセミナー

    ※本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『老人ホーム施設長奮闘記』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ