▲トップへ戻る
賃貸経営の失敗につながる「やる気のない管理会社」の見分け方

前回は、 アパート経営で「管理会社」の努力には期待できない理由を説明しました。今回は、やる気のない管理会社、やる気のある管理会社の見分け方を見ていきます。

管理物件の入居率を即答できない会社は論外

前回の続きです。では、やる気のない管理会社と、優れた管理会社を見分けるにはどうすればいいのでしょうか。実は簡単なたった3つの質問をすることで見分けることができるのです。

 

ひとつ目は、管理物件の入居率を聞くことです。サラリーマンの方には分かっていただけると思いますが、仕事には目標が必要ですね。管理会社ならば一定割合以上の空室を出さないことが最終目標といえるでしょう。この目標を数値化したものが入居率です。しかし、やる気のない管理会社は、この入居率を聞いても即答できません。このような会社は論外です。

 

筆者の場合は、アパート経営を計画する際は、入居率60%以上で黒字になるようにします。10室の物件の場合、4室までの空室ならば利益が出るように収支計画を立てるのです。ここを損益分岐点として計画しますが、目標は別物です。

 

ちなみに筆者の会社で管理する物件の平均入居率は毎月97%前後です。私はとくに入居率にこだわっています。その理由は、アパート建築業が本業なので、オーナーに儲けてもらって2棟目、3棟目を建ててほしいからです。入居率を限りなく100%に近くすることで、建ててからも安心してもらうためです。

 

だまっていてもたくさんの管理手数料が入る管理会社よりも、建築費を主な収入源にするアパート建築会社の方が、入居率に強くコミットする傾向があるようです。

「リーシング会社」を使った入居者募集をしているか?

ふたつ目の質問は、仲介手数料を受け取っているかです。ほとんどの管理会社は、賃貸物件の仲介業も兼業しています。つまり管理する物件に空室が出れば、自分で入居者を見つけて大家、入居者それぞれから仲介手数料(一般的には家賃1か月分)を受け取っているのです(図)。この両方から手数料をもらうことを、不動産業界では「両手」といいます。

 

しかし、なかなか入居者が見つからない場合は、少し家賃を下げて再度募集します。これでも入居者が決まらない場合は、大家にもう一か月分の合計2か月分の仲介手数料を出してもらい、1か月分は自社が受け取り(片手)、もう1か月分はリーシング会社に支払うことで入居者を見つけてもらいます。

 

【図 仲介手数料の仕組み】

 

ほとんどの人は、このリーシング会社という言葉をはじめて聞くのではないでしょうか。実は不動産賃貸業は次の3つの業態があるのです。

 

●PM(プロパティマネジメント)会社

いわゆる不動産管理会社。入出金管理や入居者の募集など大家業の代行を行う。仲介業を兼業することが多い。

 

●リーシング会社

物件管理は行わず、アパート入居者仲介だけを専門とする会社。そのため営業力がある。

 

●BM(ビルマネジメント)会社

建物の清掃、点検などを専門とする会社。多くのPM会社はBM会社に清掃、点検業務などを委託する。

 

次回に続きます。

株式会社アメニティジョイハウス 代表取締役社長

1974年生まれ。不動産コンサルティング技能登録者。宅地建物取引主任者。賃貸不動産経営管理士。一級土木施工管理士。東京都、千葉県を中心に土地選びからアパートの施工、賃貸管理まで一括した、ローコスト&ローリスクのアパート経営を提案する株式会社アメニティジョイハウス代表取締役社長。会社のホームページが口コミで反響を呼び、サラリーマンを中心としたアパート経営による資産形成の相談が絶えない。

著者紹介

連載忙しいサラリーマンが「アパート経営」で年収を300万円増やす方法

本連載は、2014年11月27日刊行の書籍『サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

サラリーマンが30代から「アパート経営」で年収を300万円以上増やす方法

田脇 宗城

幻冬舎メディアコンサルティング

広がる格差、上がらない給与、将来に備えた生命保険や家のローンに子どもの教育費・・・。働けど働けど出費は増える一方なうえに、将来に対するお金の不安も拭えないという30代のサラリーマンは多いでしょう。 年収がプラス300…

 

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年8月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月23日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

現地銀行幹部が語る「香港」における仮想通貨&ブロックチェーンの最新事情

~仮想通貨やブロックチェーン、フィンテック初心者にも分かりやすく解説!

講師 長谷川建一氏
日時 2018年08月30日(木)
内容

・仮想通貨、ブロックチェーン、フィンテックによって

 世界の金融業界と香港の投資環境がどう変わっているのか?

・投資対象や資産クラスとしての仮想通貨をどうみるか?

 フィンテック×香港投資環境変化の具体的な事例

・香港における仮想通貨、ICO等の最新事情とこれからの展望

・香港と日本それぞれの当局の動きと今後の展開

・通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年9月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年09月29日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

・香港の通称「仮想銀行ライセンス」の最新事情

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧