写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今回は、マルコス大統領の訪日に伴うビジネスや投資の動きについてレポートしました。

【6/1(土)開催】
従来の分散投資で資産を守れるのか?新時代の富裕層が実践する
金融大国「シンガポール」や「フィリピン永住権」を活用した新・資産防衛法

 

大きな成果を上げた「比大統領の初来日」

東京ガスは、バタンガスのLNGターミナルプロジェクトでロペス財閥の発電会社First Gen Corp.と提携しており、建設は完了に近づいていますが、2月10日、「この提携は、フィリピン経済の将来、特に液化天然ガスからのエネルギー供給の将来において重要である」と、来日中のマルコス大統領が語りました。First Gen Corp.のCEOのフェデリコ・ロペス氏は、マルコス大統領のビジネス代表団の一員として訪れています。

 

First Gen Corp.は再生可能エネルギー企業であり、その発電所は水力、地熱、太陽光、風力などの再生可能エネルギー源と天然ガスで稼働しています。これらの発電所の総発電容量は3,492メガワットにもなりますが、天然ガスは最もクリーンな化石燃料と考えられ、バタンガスにある第一世代の天然ガス火力発電所は現在、パラワン沖のマランパヤガス田から燃料を得ています。

 

マルコス大統領は、2017年以来、LNGが同国のエネルギーミックスにおいて大きな役割を果たしていると述べています。

 

またフィリピン大統領府は、メトロパシフィックインベストメンツ(MPI)の会長・マニーV.パンギリナン氏とともに、三井物産から、インフラストラクチャプロジェクトに対して6億ドルの投資誓約を確保したと発表しました。これはMPIと三井物産が東京で主催した2月8日のマルコス大統領との夕食会を受けたものです。

 

以前の報道によると、三井物産は有料道路、電力、病院、水道などのインフラ事業を展開するMPIの株式を最大20%取得することに関心を持っていました。三井物産は、マルコス政権の優先分野の1つであるフィリピンの農業、インフラストラクチャ、再生可能エネルギー、デジタル変革への投資を約束したと大統領府は述べています。マルコス大統領はまた、三井物産を含む日本企業との関係を強化することをコミットしました。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ比大統領のトップ外交でフィリピンへの投資拡大

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧