「サプリメント」の利用で効率良く成分を摂取できる理由

前回は、ひざの痛み対策のための「サプリメントの有効性」について説明しました。今回は、「サプリメント」の利用で効率良く成分を摂取できる理由について見ていきます。

体内の「グルコサミン」は加齢に伴い減少する!?

グルコサミンは、ブドウ糖とアミノ酸を原料として体内で生産されています。そしてコンドロイチンは、グルコサミンから作り出される成分です。

 

私たち人間は、日頃の食事から摂取したブドウ糖とアミノ酸からグルコサミンを合成し、そこからコンドロイチンを生産して、ひざの健康を保っています。

 

グルコサミンが体内に豊富にあれば、ひざ関節のプロテオグリカンやコンドロイチン、ヒアルロン酸も大量に生産されて、より多くの水分を関節軟骨内に保ち、関節軟骨の退化を防ぐことができます。

 

しかし、体内のグルコサミンの生産量は、年を取るにつれてだんだん減少していきます。そこで前回のように、グルコサミンをサプリメントの形で摂取して、変形性膝関節症の原因そのものに働きかけようという新たな療法が、この20年ほどで急速に普及しました。

サプリメントも体内で生産されたものと同じように作用

グルコサミンは、自然界ではカニやエビなど甲殻類の殻に多く含まれています。グルコサミンが体内で生産されたものであろうと、あるいはサプリメントの形で摂取したものであろうと、その作用に影響はないということが様々な研究で明らかになっています。

 

また、グルコサミンは単独で摂取するよりも、コンドロイチンと合わせて摂取するほうが、どちらか一方だけよりも作用がより期待できるという研究データがあります。コンドロイチンは、肉類(特に骨の周りのスジ肉)や納豆、ヤマイモ、オクラ、海藻、スッポン、サメ軟骨などに多く含まれます。

 

グルコサミンと同様に、コンドロイチンも加齢に伴い徐々に体内での生産量が減少しますが、サプリメントの形で摂取した成分は体内で生産されたものと同じように作用します。

 

そしてグルコサミンとコンドロイチンは、体内で協力し合って、関節軟骨を正常化して体の自然治癒を助けようとします。しかも、もともと私たちの体内で生産されている物質なので、副作用もほとんどありません。

 

現在一般的に行われている薬物療法の最大のデメリットである胃腸障害や腎機能障害などの副作用を考えると、実に画期的な療法だといえるでしょう。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

南新宿整形外科リハビリテーションクリニック 院長

医療法人清香会理事長、南新宿整形外科リハビリテーションクリニック院長。1989年産業医科大学卒業後、久留米大学整形外科を経て95年渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学。97年からスクリプス研究所に勤務し、主任研究員を務めたのち帰国。2001年10月にハシモトクリニック(12年に南新宿整形外科リハビリテーションクリニックに改称)を開業。09年からは日本医科大学リウマチ外科非常勤講師も務める。日本にグルコサミンを紹介した。

著者紹介

連載ひざのトラブルを和らげる「サプリメント」の摂り方

本連載は、2016年6月29日刊行の書籍『その痛みやこわばり、放っておくと危険! ひざに「! 」を感じたら読む本』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

その痛みやこわばり、放っておくと危険! ひざに「!」を感じたら読む本

その痛みやこわばり、放っておくと危険! ひざに「!」を感じたら読む本

橋本 三四郎

幻冬舎メディアコンサルティング

断続的に続く、ひざの違和感。 放っておくと歩けなくなるばかりか、将来寝たきりになるリスクもはらんでいます 。 本書では、ひざの違和感の正体を明らかにするとともに、9割以上の人が効果を実感しているマッケンジー・エ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧