“炎上王”イーロン・マスクが他人の評価を全く気にしない理由

イーロン・マスクがやることは、いつも壮大で超スピーディです。しかも、歯に衣着せぬ発言を繰り返しては炎上騒ぎを起こすマスクは、それを一向に気にしないメンタルをも持ち合わせています。経済・経営ジャーナリストの桑原晃弥氏が著書『イーロン・マスク流 「鋼のメンタル」と「すぐやる力」が身につく仕事術』(プレジデント社)で解説します。

イーロン・マスクの総資産は2190億ドル

■「イーロン・マスクって誰?」という人も、読んで使える実践的ノウハウ

 

「イーロン・マスクって誰? 何をしている人?」
「イーロン・マスクって、人の名前だったんだ!!」
「イーロン・マスク? 名前は聞いたことあるけどよく知らないな……」

 

そう思っている人も多いことだろう。

 

しかし世界一の大富豪にして、ツイッター買収騒動を起こした男、「日本消滅」をツイートした男、といえば「ニュースで見たことある」という人も少なくないのではなかろうか。

 

さらに地球レベルで見ると「2022年はイーロン・マスクの年」と言っても過言ではないほど、彼の言動に注目している人はたくさんいる。

 

例えば、2022年版『フォーブス』の長者番付で、マスクは「世界一」の座に輝いた。総資産は2190億ドル(約30兆円 ※1ドル=135円換算。以下同)と、2位のアマゾン創業者ジェフ・ベゾスに圧倒的大差をつけての1位だ。

 

なんと個人の資産額が、中国の軍事予算を超えているというのだから恐ろしい。

 

もちろんそのほとんどは、彼の経営する電気自動車のトップメーカー「テスラ」株の保有によるものだ。

 

当時は9012億2000万ドルと100兆円を超えており、同じく自動車メーカーでランキング2位のトヨタ(2370億6000万ドル)の3.8倍、また、トヨタを含む自動車会社大手7社が束になってもテスラの時価総額に及ばないというのだから、とんでもない時価総額なのだ。

 

その後、ツイッター社の買収に伴ってテスラ株の一部を売却したり、景気の減速によってテスラ株そのものが株価を下げたことで、マスクの個人資産も減少、世界一のお金持ちの座こそ下りたものの、今でもテスラの時価総額は50兆円近く、トヨタ(約30兆円)を大きく引き離している。

 

世界が電気自動車へと大きく舵を切っている時代、トヨタに限らず、世界の自動車メーカーにとってマスクは変わらぬ影響力を保持し続けている。

 

また、日本で彼の名を広く知らしめたのが、ツイッター買収騒動と、買収後の社員の大量リストラやCEОの辞任をめぐる投票である。

 

その他、日本の人口減少問題に警告を発した「日本消滅」のツイートや、テスラやスペースXなどの自社社員に向けて送った「週40時間の出社」を求めるツイートは、日本でも大きな話題となった。

 

さらに、世界中の注目を集めることになったのが、ロシアによるウクライナ侵攻に端を発した「スターリンク」の提供だ。

 

スターリンクとは、自宅にアンテナとルーターを設置すれば、人工衛星とダイレクトに接続でき、世界のどこからでも高速回線が利用できる衛星インターネットサービスのことである。これを、マスクが経営する宇宙ロケット打ち上げ会社「スペースX」が提供しているのだ。

 

ロシアの侵攻を受けたウクライナの副首相ミハイロ・フェドロフが2022年2月26日、マスクに「ウクライナでスターリンク・サービスを利用させてほしい」とツイートしたところ、わずか10時間後にマスクは「今、スターリンク・サービスはウクライナにおいて使用可能な状態にあります。さらなるターミナル(キット)を(ウクライナに)輸送中です」と返信した。

 

【4/13(木)無料Webセミナー】

《Web担当者必見》
売上UPに繋がるリード獲得&育成術
出版社発のWebコンテンツ作り×メールマーケティング

あなたにオススメのセミナー

    経済・経営ジャーナリスト

    1956年、広島県生まれ。慶應義塾大学卒。業界紙記者などを経てフリージャーナリストとして独立。トヨタ式の普及で有名な若松義人氏の会社の顧問として、トヨタ式の実践現場や、大野耐一氏直系のトヨタマンを幅広く取材、トヨタ式の書籍やテキストなどの制作を主導した。一方でスティーブ・ジョブズやジェフ・ベゾスなどのIT企業の創業者や、本田宗一郎、松下幸之助など成功した起業家の研究をライフワークとし、人材育成から成功法まで鋭い発信を続けている。著書に、『スティーブ・ジョブズ名語録』(PHP研究所)、『トヨタ式「すぐやる人」になれる8つのすごい!仕事術』『松下幸之助「困難を乗り越えるリーダー」になれる7つのすごい!習慣』『トヨタ式「人を動かす人」になれる6つのすごい!仕事術』(以上、笠倉出版社)、『ウォーレン・バフェット巨富を生み出す7つの法則』(朝日新聞出版)、『トヨタ式5W1H思考』(KADOKAWA )、『1分間アドラー』(SBクリエイティブ)、『amazonの哲学』『トヨタはどう勝ち残るのか』(以上、だいわ文庫)、『運を逃さない力』(すばる舎)などがある。

    著者紹介

    連載イーロン・マスクに学ぶ壮大でスピーディな仕事術

    ※本連載は桑原晃弥氏の著書『イーロン・マスク流 「鋼のメンタル」と「すぐやる力」が身につく仕事術』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    イーロン・マスク流 「鋼のメンタル」と「すぐやる力」が身につく仕事術

    イーロン・マスク流 「鋼のメンタル」と「すぐやる力」が身につく仕事術

    桑原 晃弥

    プレジデント社

    世界一の大富豪にして、ツイッター買収騒動を起こし、「日本消滅」をツイートした男、イーロン・マスク。2022年版『フォーブス』の長者番付で、マスクは「世界一」の座に輝いた。総資産は2190億ドル(約30兆円)と、2位のアマゾ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ