悪気はないのに…周りから〈横柄〉に見えている中高年の特徴。松岡修造に「色気がある」のはなぜか?

悪気はないのに…周りから〈横柄〉に見えている中高年の特徴。松岡修造に「色気がある」のはなぜか?
(画像はイメージです/PIXTA)

50代は、仕事もプライベートも将来もいろいろ悩み出す時期──数々のベストセラーを世に生み出してきた著作家兼俳優の中谷彰宏氏は、毎日ゴキゲンに過ごすキーワードは「色気」だと話す。本連載では、50代がさまざまな場面で「色気を出す」中谷彰宏流の方法を、『色気は、50歳から。』(中谷彰宏著、春陽堂書店)より抜粋転載でお届けする。

 

プレゼントを渡す時、照れないで、両手で渡せる。

愛し力で大切なのは、照れないことです。

 

プレゼントも同じです。何をあげるかどうかは問題ではありません。渡す時に決して照れないことです。照れると、横柄になります。

 

色気のない人が横柄なのは、照れているからです。

 

優しくするとモテるのはわかっていても、慣れていないせいで、優しくすることに照れてしまいます。だから、色気のない人はプレゼントを片手で「はい」と無愛想に渡します。

 

愛し力のある人は、照れないで両手で渡します。両手で渡すことの意味は、モノを丁寧に扱うというより、相手に正対できることです。

松岡修造は、目の前の小学生に真正面から向き合う

松岡修造さんに色気があるのは、小学生に向かっても正対しているからです。松岡修造さんのモノマネをする時は、必ず両手でぐうをつくって相手に向かいます。

 

松岡修造さんは、目の前の小学生に「世界へ向かう覚悟があるのか」と涙ぐみながら語ります。その時に、「泣いたら恥ずかしい」とか「こんなことを言ったら照れくさい」という照れはありません。

 

いかに照れないで相手と真正面で向き合えるかです。

 

横顔がカッコいいと思い込んでいる人は、色気を出そうと思って横を向きます。それでは逆に色気は出ません。

 

ブログに載せる自分の写真を正面から撮れているのは余裕がある人です。

 

余裕のない人は顔のアングルを傾けます。究極は90度まで横を向きます。さらに、向こう側を向いて顔の一部しか見えない奇跡の一枚ができ上がるのです。

 

絵画史上においては、神様に魅せられるのは、神様が正対しているからです。

 

集団で写真を撮る時、必ず一方の側にしか行かない人がいます。その人は、「自分はこの顔の向きがいい」と思い込んでいるのです。いつもと反対側に立った時は、幕末の志士のようにみんなと逆向きで写ります。正対できることが、その人の色気になるのです。

 

あなたにオススメのセミナー

    色気は、50歳から。

    色気は、50歳から。

    中谷 彰宏

    春陽堂書店

    何となく将来が不安で日々沈みがちな50代に中谷彰宏が送る、 日々をゴキゲンに過ごす方法。 1990年代初頭に中谷彰宏氏が出した就活本『面接の達人』。 当時、面接の達人に影響を受けた就活生も今や50代にさしかかっていま…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ