(※写真はイメージです/PIXTA)

勉強をしていない自分に自信がない人ほど、後輩に偉そうにしたり、悪口を言ったりしていました。そうした受験生のなかで第一志望に合格した人はいないといいます。9浪して27歳で早稲田大学に合格した濱井正吾氏が著書『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

知人の自慢をして空っぽな自分を知る

▶「人間関係」知り合いを自慢する/重要度★★★☆☆

すごい成績の人や有名な人を知人だと自慢して自我を保ちたがる。これも自己肯定感が底をついている浪人生によくあることだと思います。


 
大学受験に失敗して高校までの同級生から遅れを取る辛さは、10代という感受性豊かな年齢も相まって、人生最高クラスの屈辱だと思います。

 

傷つけられたプライドをなんとか手っ取り早く回復しようと、優秀な知人を自慢する人もいることでしょう。自然に会話の流れで出すくらいならいいですが、積極的にその話をしても相手に不快感を与えますし、結局自分が言っていて虚しい気持ちになるだけです。

 

私もずっと自己肯定感が低く、親族に陰口を言われていると思い込んで生きてきたので、どうにかして自分を認めさせようとすごい知人の自慢をしていましたが、自分が空っぽな人間だということが伝わるだけだったので逆効果でした。

 

どんなに親しくても、人は人、自分は自分です。今のままだとどうあがいても彼らのような華やかな人生は選べません。

 

でも、華やかな道を歩くための努力をすることはできます。

 

浪人時代ほどみっちり勉強して能力を高め、社会に出てからの戦闘力を鍛えられる時間はなかったと私は今でも思います。

 

自慢をしても傷口に塩を塗り込む行為にしかなりません。どうせなら這い上がって、自分が将来、自慢される側になりましょう。

 

次ページ自分に自信がない人ほど後輩に偉そうにする

あなたにオススメのセミナー

    本連載は濱井正吾氏の著書『浪人回避大全 「志望校に落ちない受験生」になるためにやってはいけないこと』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    浪人回避大全

    浪人回避大全

    濱井 正吾

    日本能率協会マネジメントセンター

    受験人口の減少や大学は誰でも入れる「全入時代」と言われて久しいが、それでも有名大学を中心に実質倍率3倍以上の大学が多数あるなど、多くの現役生や浪人生が厳しい戦いを強いられている現状がある。特に昨今は現役志向の増…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ