(※写真はイメージです/PIXTA)

お金が底をつくだけですぐに貧困に落ちるとは限りません。豊かな知的資産があれば赤字を垂れ流すことなく、お金が減っていく恐怖にとらわれることなく、豊富な選択肢から楽しみを見出して笑顔で生きていくことができます。公認会計士の千日太郎氏が著書『50歳からの賢い住宅購入』(同文舘出版)で解説します。

差し伸べられた助けの手を取れるか?

年金で老後の生活が保障されない少子高齢化社会において、わたしたちが恐怖を感じているのは老後破産することです。具体的には老後にお金が底をつくことに対する恐怖です。その恐怖から逃げるため直接的な手段として国は退職年齢を延長させたり労働市場を再編成しようとしたりしています。これら国の施策が功を奏すれば、お金の面では不自由せずに済むかもしれません。

 

しかしわたしはお金が底をつくだけで即、貧困に落ちるとは限らないと思っています。豊かな知的資産があれば、本連載第三回掲載「高齢無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の家計収支が5.5万円の赤字となる根拠」にあるような赤字を垂れ流すことなく、お金が減っていく恐怖にとらわれることなく、豊富な選択肢から楽しみを見出して笑顔で生きていくことは可能です。

 

問題は、個人の能力だけでは切り抜けていけないような大きなアクシデントに見舞われたときに、周囲から助けの手を差し伸べてもらえるか?ということです。また、老化に伴いお金を稼ぐ能力は衰えていくものですが、そうしたときに助けとなるのが社会との繫がりであり、その差し伸べられた手を取れるか否かです。知的資産を獲得するよりもはるかにたやすいことのように思われるかもしれませんが、それをあえてやらないことで命を落とす人が多いのです。

 

前回お話したアニメ映画「火垂るの墓」の冒頭では、衰弱して道端に横たわる清太のかたわらに通りすがりの女性が握り飯を置くシーンがあります。終戦直後、日本中が貧しく荒廃した時代であっても、見返りを求めることなく食べ物を与えてくれる人はいたのですが、その食べ物に手を付けることなく清太は死にます。

 

英国のことわざに「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」というものがあります。個人資本を充実させてお金の心配をなくすということは、馬を上手にコントロールして水辺に連れて行くことです。しかし水辺で水を飲むかどうかは馬が決めることですよね。

次ページ定年を前に個人資本と社会資本を見直す

※本連載は千日太郎氏の著書『初めて買う人・住み替える人 独身からファミリーまで 50歳からの賢い住宅購入』(同文舘出版)から一部を抜粋し、再編集したものです。

初めて買う人・住み替える人 独身からファミリーまで 50歳からの賢い住宅購入

初めて買う人・住み替える人 独身からファミリーまで 50歳からの賢い住宅購入

千日 太郎

同文舘出版

まだまだ現役世代のアラフィフが、“今”と“将来”を見据えて選ぶマイホーム ・幸福の条件とその土台 ・貸借対照表で自己資産を見る ・40代後半から家を買ってはいけない人の特徴 ・地方移住を成功させるカギ ・定年延…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧