「お金がないって本当ですか?」お金の流れをよくする対処法 (※写真はイメージです/PIXTA)

お金がない状態を当たり前のことだと考えがちですが、本当にお金がないのでしょうか。今まで生きてこられたということは、お金があったということではないでしょうか。心理カウンセラーの山根洋士氏が著書『「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法』(PHP研究所)で解説します。

人間に備わった危機回避能力の一つ

突然ですが、あなたはコップに半分入った水を見て「まだ半分もある」と思いますか?「もう半分しかない」と思いますか?

 

パッと見たときに「まだ半分もある」と思えなくて、「もう半分しかない」と思ってしまうのは、いわば認知のクセです。

 

これは人間に備わった危機回避能力の一つで、なんでも「ない」を基本設定にして行動したほうが危機な目に遭いにくくなります。

 

だから、半分なくなったことに目がいって、「もしこの半分もなくなったら…」ということを想定して行動します。

 

「ない」に反応しやすいため、不安をあおられやすいのも人間です。

 

お金のこともない状態を基本設定にしがちですが、本当にお金がないのか、今一度考えてみてください。

 

お金が本当に一銭もなかったら、この資本主義社会を生きていくことはできません。今生きている、また、今まで生きてこられた、という事実はお金がある、また、お金があった、ということを物語っています。

 

そもそも、今の日本でお金が本当にない状態を作るのは至難の業です。各種助成金に生活保護、自己破産など、国が経済的に支えてくれる制度が整っているからです。

 

「言われてみればたしかにそうかも。お金が一銭もない状態は、今まで経験したことがないな」と思った人は、今まで「お金がない」としていた人です。もしまた「お金がない」と思ったら、コップの水のたとえを思い出して「ある」に目を向けてください。

お金は大切に使う人のところに集まる

繰り返しますが、お金は世の中を流れているものですから、無理して貯めようとする必要はありません。

 

お金持ちになるには、お金を貯めようとするのではなく、流れをよくするほうに意識を向けることが正解です。

 

常に、生活や遊び、欲しいものを買うのに必要なお金が手元に流れてくればよくて、それがお金に困っていない理想的な状態でもあります。

 

無理してお金を貯めようとすると、お金に対する執着が生まれて、使うのが怖くなります。すると、欲しいものやしたいことをがまんする状況になって、ストレスが溜まっていきます。

 

がまんする分、お金は貯まりますが、ストレスも溜まるわけです。

 

その結果どうなるかというと、あるとき突如、これ以上がまんしたくない! と感情が爆発して散財してしまうのです。

 

よく自分へのご褒美と称してお金を使う人も、このパターンに陥っている可能性が高いでしょう。

 

お金のことをよく知らない人ほど、こうしたお金の使い方をしがちです。

 

お金の流れをいったん止めてバーンと勢いに任せて使うのは、お金をばら撒いているも同然です。お金を大切にしている、とはとても言えません。

 

お金のことをよく知らない人は散財して、お金のことをよく知り、大切に使う人のところにはたくさん集まってくる。

 

これは、お金の絶対的な心理法則です。

 

言い換えれば、お金をよく知らない人のお金が、お金をよく知って大切に使う人のところに流れていく、という見方もできるでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】2/16(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

あなたにオススメのセミナー

    一般社団法人メンタルノイズ心理学協会 心のクセを直す「メンタルノイズ」カウンセラー(心理カウンセラー)

    大阪府出身。早稲田大学中退。両親の離婚、熱中していたスポーツの挫折、就職の失敗などを経て、情報誌編集者からノンフィクションライターとして独立。金銭的な成功をつかむものの、激務のあまり過労死寸前で緊急入院。入院生活で「なんのために生きるのか」を模索し、心理療法を学び始める。心の風邪薬のようなカウンセリングを提供したいという想いからカウンセラーになる。実践中心のカウンセリングで一線を画し、これまでに8000人以上の悩みを解決。心理学だけでなく、数多くの経営者やスポーツ選手などへの取材経験、AIやロボット工学、脳科学などを取り入れたメンタルノイズメソッドを開発。ビジネス面でも、メンタルノイズ心理学を立ち上げから3年で年商1億円規模に成長させる。一般社団法人メンタルノイズ心理学協会チェアマン(会長)。
    著書『自己肯定感低めの人」のための本(アスコム)』がメンタル本大賞2021優秀賞を受賞。『「自己肯定感低めの人」が幸せになるワークブック』(宝島社)、『「自己肯定感低めの人」の人づきあい読本』(大和出版)と延べ10万部を突破。

    著者紹介

    連載一生お金に困らない幸せな人生を手に入れる心理学

    ※本連載は山根洋士氏の著書『「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法』(PHP研究所)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法

    「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法

    山根 洋士

    PHP研究所

    あなたは今、自分の収入に満足していますか? 「今の収入に満足できていない」「なぜか思うように稼げない」「いつもお金に不安がある」……。 それは、あなたに努力や知識や才能が足りないからではなく、お金に対するメンタ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ