「身の程を知る」の呪い…大金が入ると心理的なトラブルを招く理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

お金と自己肯定感には、密接な関係があります。自己肯定感は天秤のような働きをします。天秤の左側に自己肯定感が乗っているとしたら、右側にはそれに見合ったものしか乗りません。心理カウンセラーの山根洋士氏が著書『「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法』(PHP研究所)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】2/9(木)
高額納税を控える個人、経営者必見!
納税に強い、財務を改善する「最強の法人カード」
富裕層に大人気のラグジュアリーカード活用術! 詳細はコチラ>>>

【メンタルノイズ】身分不相応に稼いではいけない

お金と自己肯定感には、密接な関係があります。収入の額は、自分で自分を肯定している度合いに比例している、と言っても過言ではないでしょう。

 

前述したとおり、自己肯定感は天秤のような働きをします。天秤の左側に自己肯定感が乗っているとしたら、右側にはそれに見合ったものしか乗りません。

 

自己肯定感以上のものが乗ると、バランスを崩して自分を見失ってしまいます。

 

例えば、「自分は年収500〜600万もあれば十分かな」と思っていると、その金額を稼ぐことで満足します。もっと稼ぐ能力があっても、500〜600万円稼ぐと自己肯定感とのバランスがぴったり取れるため、それ以上は稼ごうとしません。自分はこの程度だと見限って、給料が安い会社を選んでしまうのです。

 

このメンタルノイズはどこから来るかというと、親や学校の先生から聞いた「ほどほどが一番」「上ばかり見てもキリがない」「身の程を知る」といった言葉です。

大金が手に入ると心理的なトラブルを招く

このメンタルノイズが強い人は、ビジネスで成功して1000万円などまとまった金額が入ってきたときに、天秤のバランスが崩れてしまいます。

 

表面上は、「やったー!」と喜んでいるのですが、潜在意識では「うわ、本当に成功してしまった。怖い…」とパニックに陥ります。

 

そして、「自分がこんな大金を手にしていいのだろうか」と不安になり、その心理的な重圧に耐えきれなくて、夜の街などで散財したり、買い物依存症のようにブランド品を買い漁ってしまうのです。

 

実は、かつての私もそうでした。ライターとして独立したころ、まとまったお金が入ってくるようになったのですが、自分が本当に欲しいものではなく、お金持ちが買いそうな時計やブランド品にお金を費やしていました。

 

お金をたくさん稼ぐ自分には価値があり、稼げない自分には価値がないと思い込んでいて、今思えば自己肯定感と収入のバランスが取れていなかったのでしょう。

 

宝くじで高額当選した場合も、急激に自己肯定感とのバランスが取れなくなってパニック状態に陥りがちです。散財するだけでは心が落ち着かず、上がった分以上に自分を下げようとして、当選金額以上を使ってしまうことも……。

 

せっかく大金を手にしても、なぜ心はいらぬトラブルを招くのか。

 

結局は、お金の受け取りを拒否しているからです。自分に、「大金を手にしていい」という許可を出せていないために散財してしまうのです。

 

なんとか大金を所持し続けようとすると、所持する許可が出せていない不安が強いため、家に防犯カメラをたくさん設置したりします。

 

病気やケガ、人間関係のもつれ、詐欺などのトラブルに見舞われやすいのも特徴です。大金の重みに釣り合うしんどい出来事を、心理的に招いてしまうのです。

 

中には、大金を手にしたことで自分にはビジネスの才能が凄くあるんじゃないか、と過信して、さらなる大金を集めるべく事業を始めたものの、失敗してしまう人も。

 

遺産相続で大金を手にして、親族間で骨肉の争いになる場合も、手にした本人に大金を受け入れる器がないために、心理的に重い出来事を招くケースです。

 

あなたにオススメのセミナー

    一般社団法人メンタルノイズ心理学協会 心のクセを直す「メンタルノイズ」カウンセラー(心理カウンセラー)

    大阪府出身。早稲田大学中退。両親の離婚、熱中していたスポーツの挫折、就職の失敗などを経て、情報誌編集者からノンフィクションライターとして独立。金銭的な成功をつかむものの、激務のあまり過労死寸前で緊急入院。入院生活で「なんのために生きるのか」を模索し、心理療法を学び始める。心の風邪薬のようなカウンセリングを提供したいという想いからカウンセラーになる。実践中心のカウンセリングで一線を画し、これまでに8000人以上の悩みを解決。心理学だけでなく、数多くの経営者やスポーツ選手などへの取材経験、AIやロボット工学、脳科学などを取り入れたメンタルノイズメソッドを開発。ビジネス面でも、メンタルノイズ心理学を立ち上げから3年で年商1億円規模に成長させる。一般社団法人メンタルノイズ心理学協会チェアマン(会長)。
    著書『自己肯定感低めの人」のための本(アスコム)』がメンタル本大賞2021優秀賞を受賞。『「自己肯定感低めの人」が幸せになるワークブック』(宝島社)、『「自己肯定感低めの人」の人づきあい読本』(大和出版)と延べ10万部を突破。

    著者紹介

    連載一生お金に困らない幸せな人生を手に入れる心理学

    ※本連載は山根洋士氏の著書『「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法』(PHP研究所)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法

    「自己肯定感低めの人」が、一生お金に困らない方法

    山根 洋士

    PHP研究所

    あなたは今、自分の収入に満足していますか? 「今の収入に満足できていない」「なぜか思うように稼げない」「いつもお金に不安がある」……。 それは、あなたに努力や知識や才能が足りないからではなく、お金に対するメンタ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ