(※写真はイメージです/PIXTA)

莫大な資産を保有する日本の富裕層は、近年大きく変わった……海外移住のサポートを行い、これまで2万人を超える富裕層をみてきた大森健史氏は、そう実感しているといいます。いまどきの“シン富裕層”の実態とは? 今回は、富裕層のなかでも「ビジネスオーナー」に焦点をあててみていきます。

 

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

シン「経営型」富裕層は“どんどん起業”で生き残る

【最近の富裕層にみられる5タイプ】
①ビジネスオーナー型
②資本投資型
③ネット情報ビジネス型
④暗号資産ドリーム型
⑤相続型
(参照記事『普通の人に見えて大金持ち…現代の富裕層、5つのタイプ』

 

最後に紹介するのが「①ビジネスオーナー型」、すなわち企業経営者です。筆者は「シン富裕層の中ではやや古いタイプ。自分の実力で企業を経営してきた。移住の準備に時間をかける。ロジック好きであり、参考になる資産形成術や生き方は、このタイプから学べる。目に見えるモノが好きで、不動産投資をするタイプが多い。自分自身はあまり目立ちたくないタイプが多い」という規定をしています。

 

ビジネスオーナーは、「シン富裕層」の中ではある意味昔からいるタイプともいえるでしょう。他のシン富裕層のタイプと比べて、成功や欲望に強い関心をもつ人が多いです。

 

いいモノを買う、いいサービスを受ける、いい家に住むなどの欲求が原動力になっている方が多いです。不動産投資に積極的なのも特徴です。目に見えるモノを好む傾向はもっとも顕著かもしれません。

 

明治維新後、武士や刀が不要とされても軍隊は必要なので陸軍に入って武士道精神を受け継いでいったように、時代が変わっても前時代の流れを汲んで生き残っているタイプなのです。

 

仕事のやり方についても、ユーチューバーなどのネット情報ビジネス型の人が、タレントのように自分自身を露出して広告塔になるのとは違って、自身が表に出てこなくてもビジネスが回っていく状態を、集団で目指します。そのためには、人材に投資をし、ビジョンを語り、組織をつくって人を動かすなど、人と金と時間をかけて仕事を進めます。

 

しかし、経営者とひと口でいっても、やはりシン富裕層として成功をおさめる人の特徴は、前時代の常識とは違う点があります。

 

それはつくった会社を巨大化し続けるというベクトルではなく、アメーバのように新規事業を多角的に手がけるという点にあります。既存のビジネスは人に任せてフットワーク軽く新しい分野を開拓していく、という起業に特化するタイプです。

 

そうしたことから、ビジネスマンとして示唆に富む教えを与えてくれるのは①ビジネスオーナー型で、個性的で面白い人が多いなと感じるのは、③ネット情報ビジネス型や④暗号資産ドリーム型のタイプです。

 

【2/28(水)無料Webセミナー】

CPA700%良化を実現!
PRと運用型広告を組み合わせたハイパフォーマンス認知とは

次ページ「上場企業を経営しながら海外移住」の選択肢も

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は大森健史氏の著書『日本のシン富裕層』(朝日新書)より一部を抜粋・再編集したものです。

    日本のシン富裕層 なぜ彼らは一代で巨万の富を築けたのか

    日本のシン富裕層 なぜ彼らは一代で巨万の富を築けたのか

    大森 健史

    朝日新書

    不動産投資、暗号資産、オンラインサロンなど、自らの才覚で巨万の富を手にする人々が続出し、日本の富裕層は近年大きく変化した。海外移住サポートを通して2万人以上を知り尽くした著者だから知る彼らの哲学、新時代の稼ぎ方…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ