【投資初心者向け】資産運用の安全性を高める「運用リスク」の考え方・取り方

これからの時代は資産運用したほうがいいとわかっていても「損をするリスク」を考えると、二の足を踏んでしまいます。しかし、それでは先に進めませんから、まずは資産運用における「リスク」と「儲け」について学びましょう。「自分が許容できるリスク」が見えてくれば、運用できる金額も決まり、「わからないという恐怖」から解放されます。公認会計士・税理士の岸田康雄氏が解説します。

資産運用におけるリスク=資産が減っても許せる金額

二人三脚で貯蓄に励んだ若い夫婦は、最初の目標だった300万円を達成。しかし今度は、資産運用について頭を悩ませています。リスクを取るのは怖いけれど、普通預金にしていたら、インフレで目減りしてしまう…。そんな2人の相談に乗ったのは、ベテラン公認会計士のK先生です。

 

夫婦:K先生、資産運用にはリスクが伴うといわれていますが、「リスク」について教えてください!

 

K先生:資産運用における「リスク」とは、「どこまで資産を減らすことを許せるか」という意味になりますね。絶対に減らしたくないのか、それとも、ある程度減るのを許せるか、リスクの大きさを事前に決めておくことが重要だね。

 

夫:私は自分のお金を絶対に減らしたくないです。そして、毎年5%くらいは増やしていきたいです。そんな商品ありますか?

 

K先生:そんな商品はないね(キッパリ)。もし売られていても、詐欺かインチキ商品だね。

 

夫婦:そうなんですね…。

 

K先生:5%の利回りだと、それなりにリスクはあるんだよ。

 

★資産運用のリスクとリターンの関係はこちらをチェック

資産運用にはリスク許容度に応じた我慢が必要!【第2話】

「儲けは少ないが、リスクが低い商品」ならある

夫:でも…。お金が減るのはイヤですよね。

 

K先生:選択肢は2つあるよ。ひとつは、損するリスクを承知で、高い利回りが期待できるような商品。もうひとつは、損はしないけれどちょっとだけ儲かる商品だ。

 

妻:私は、儲けは少しだけでいいです。ただ、絶対に損するのは嫌です!

 

K先生:それなら「個人向け国債・変動金利型10年満期」がいいよ。

 

夫:でも、財務省の官僚が『国家財政が破綻する』とかいってますよ! 破綻したら、国債は紙クズになるんじゃないですか ?

 

K先生:アハハ。そんな話は、まともに信じないほうがいいよ。では聞くけれど、日本という国家が破綻する可能性と大手都市銀行が倒産する可能性、どちらが高いと思う?

 

夫:それは、銀行の倒産ではないですか? 過去に倒産した銀行ってありましたよね?

 

K先生:そうそう。国債は銀行預金より安全なんだよ。しかも、最低金利が0.05%に設定されていて、銀行預金の金利よりも5倍くらい高いんだ。だから、個人向け国債・変動金利型10年満期がオススメなんだよ。

まずは「失っても耐えられる金額」を考える

夫:そうなんですね! でも、0.05%だと100万円を運用した利益はたったの500円ですよね…。もうちょっと儲かる商品はないですか?

 

K先生:それでは、リスクを承知で利回り5%の商品についても考えてみようか。ここで質問だけど、君は資産運用でいくらまでなら損失を我慢できるかな?

 

夫:うーん、いま貯金が300万円あるので、その半分の150万円くらいでしょうか?

 

K先生:利回り5%の金融商品って、こんなイメージなんだよ。100万円を運用したとして、儲かるときは1年間で40%くらい上がる。損するときは1年間で30%くらい下がる。それで平均してみると、5%くらい上がっている、つまり平均すると5万円くらいは儲かっているという感じだね。

 

夫婦:30%くらいの損失なら、我慢できそうです。

 

★知らないと損!? インデックスファンド投資についてはこちらをチェック

衝撃の真実!インデックスファンドはすごく儲かる!【第3話】

利益を増やすために「リスク許容度」を計算しよう

K先生:そこで、この30%の損失から逆算してみよう。君が我慢できる最大の損失150万円が全体の30%だったとすると、逆算してみれば、500万円まで運用することを考えられそうだね。

 

夫婦:なるほど! 最悪の状況を想定しておけば損失も怖くないってことですね。

 

K先生:そうだね、これを「リスク許容度」っていうんだ。損失を我慢できる人もいれば、そうでない人もいるってことだね。

 

K先生のレクチャーのまとめ

 

①「絶対に損せず、儲かる商品」は、サギかインチキ

②国家財政が破綻しそうだから国債は買わない、というのはナンセンス。破綻リスクは日本の破綻リスクより、銀行の方が高い

③「リスク許容度」が理解できれば、自分がどの程度の金額まで運用できるか見えてくる

 

★守らないと法律違反!?FPが注意すべき法律はこちらをチェック

「ファイナンシャル・プランナー(FP)が注意すべき法律」税理士法、保険業法、金商法、弁護士法

 

岸田 康雄
国際公認投資アナリスト/一級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認会計士/税理士/中小企業診断士

あなたにオススメのセミナー

    公認会計士/税理士/宅地建物取引士/中小企業診断士/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/国際公認投資アナリスト(日本証券アナリスト協会認定)

    平成28年度経済産業省中小企業庁「事業承継ガイドライン委員会」委員、令和2年度日本公認会計士協会中小企業施策研究調査会「事業承継支援専門部会」委員、東京都中小企業診断士協会「事業承継支援研究会」代表幹事。
    一橋大学大学院修了。中央青山監査法人にて会計監査及び財務デュー・ディリジェンス業務に従事。その後、三菱UFJ銀行ウェルスマネジメント営業部、みずほ証券投資銀行部M&Aアドバイザリーグループ、メリルリンチ日本証券プリンシパル・インベストメント部不動産投資グループなどに在籍し、中小企業の事業承継から上場企業のM&Aまで、100件を超える事業承継とM&A実務を遂行した。現在は、相続税申告と相続・事業承継コンサルティング業務を提供している。

    WEBサイト https://kinyu-chukai.com/

    著者紹介

    連載ベテラン公認会計士が一般向けにレクチャー!超効率的〈資産形成〉ノウハウ

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ