最近は「戸建て投資」が人気で、その多くは、普通の空き家を普通の価格で買って、リフォームして貸すという投資法です。 「不動産投資」のリスクは、安く買うだけでほぼすべて避けられ、安定して高収益を上げらることができます。椙田拓也氏、カネコツトム氏の著書『「空き家」で儲ける! 驚異の利回り100%不動産投資術』(宝島社)で解説します。

【Jグランドの人気WEBセミナー】
税理士登壇!不動産投資による相続税対策のポイントとは?
<フルローン可>「新築マンション」×「相続税圧縮」を徹底解説

「ゼロ円」の空き家が家賃を毎月生む

■知っておきたい「利回り」と「キャッシュフロー」

 

空き家ゼロ円投資を詳しく紹介する前に、まず利回りとキャッシュフローについて簡単に説明します。

 

利回りとは、賃貸不動産の収益力、つまり「どれだけ利益を得ることができるのか」を見る指標のこと。「自分が投資した金額」に対して得られる「見込み収益の割合」で求められます。

 

たとえば、物件の取得価格が100万円で1年間に10万円の家賃が入れば、その物件は「利回り10%」になります。

 

一般的な不動産投資では、利回りは10%あれば良いとされていますが、私たちの空き家ゼロ円投資ではその10倍、100%を超えることが珍しくありません。

 

ここで注意点があります。

 

「タダで空き家をもらったら、年間の家賃収入が1円でもあれば、利回り100%になるのでは?」と思った人もいるかもしれません。

 

しかし、物件価格がゼロ円だったとしても、税金や手数料など、不動産投資ではさまざまな諸費用がかかります。今回紹介する投資法では物件価格が極端に安いので、諸費用のほうが大きくなることもあるわけです。

 

通常の不動産投資では、利回り計算をする際に諸費用を含めずに利回りを計算します。これを「表面利回り」といいます。

 

一方、私たちは空き家の取得価格以外に必要な諸費用もすべて算出し、それを家賃収入で何年かけて回収できるか、ということも入れて利回りを計算しています。これを「実質利回り」といいます。税金は考慮していないものの、より現実に近い数字計算ができるのが特徴です。

 

続いて、キャッシュフローの説明です。キャッシュフローとは、毎月の家賃収入から経費を差し引いて、手元に残るお金を指します。

 

たとえば、毎月の家賃収入が5万円で経費が1万円だとしたら、キャッシュフロー(手残り)は4万円です。「家賃収入=手元に残るお金」ではないので覚えておきましょう。

 

経費には、アパートやマンションなら共用部分の電気代や水道代、清掃代などがありますが、一軒家には共用部がなく、経費はかかりません。他にも固定資産税という毎年かかる税金がありますが、田舎の古い空き家の場合、さほど高くはありません。

 

つまり、空き家(一軒家)を対象とする不動産投資は、一般的なアパートやマンションよりも経費が少なく、多くのキャッシュフローを得ることができるのです。

 

次ページ投資したお金が何年で回収できるのか

あなたにオススメのセミナー

    本連載は椙田拓也氏、カネコツトム氏の著書『「空き家」で儲ける! 驚異の利回り100%不動産投資術』(宝島社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    「空き家」で儲ける! 驚異の利回り100%不動産投資術

    「空き家」で儲ける! 驚異の利回り100%不動産投資術

    椙田 拓也、カネコ ツトム

    宝島社

    空き家ゼロ円投資は、決して難しいやり方ではありません。空き家を1つ持つくらいではそれほど大きな収入にはなりませんが、これを繰り返し増やしていくことで、大きな財産になっていきます。 ただし、どんなにリスクの少ない…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ