大卒30代・年収1000万円超…エリート夫を追い詰める「税金地獄」の過酷 (※写真はイメージです/PIXTA)

理想の結婚について尋ねられた未婚男女の回答は「居心地のよさ」を望むつつましやかなもの。しかし、さらに項目を掘り下げると、女性はやはり「経済力」への期待が見え隠れしています。では、日本のエリートサラリーマンと家庭を築けば安泰なのかというと、実際はそうともいいきれず…。数字から実情を見ていきましょう。

「経済力」への密かな期待?…女性が結婚に求めるもの

男性と女性では、結婚について求めるものが、少しばかり異なっているようです。『令和3年度 人生100年時代における結婚・仕事・収入に関する調査』(内閣府)を見てみると、結婚に対する男女それぞれの考え方が浮かび上がってきます。

 

結婚前に相手に求めること(20~39歳の独身男女)

 

 男 性 

価値観が近い……59.2%

一緒にいて落ち着ける・ 気を遣わない……51.1%

一緒にいて楽しい……49.4%


 女 性 

一緒にいて落ち着ける・ 気を遣わない……64.4%

価値観が近い……62.7%

一緒にいて楽しい……49.7%

 

女性で最も高い項目は「一緒にいて落ち着ける・気を遣わない」64.4%、次に「価値観が近い」62.7%、「一緒にいて楽しい」49.7%となっていて、男性も同様傾向が見られます。

 

しかし、男女差が明瞭に分かれた項目もあります。「満足いく経済力・年収」「正規雇用である」「金銭感覚が近い」「家事力・家事分担できる」等は女性の方が高く、「容姿・ルックスに好感がもてる」は男性の方が高くなっています。

大卒会社員「年収上位10%のエリート」の慟哭

では、結婚適齢期の大卒・男性の月収はというと、平均35万8,000円、推定年収は533万円。給与分布は、残業代などを除いた所定内給与額の中央値は29万1,400円で、上位25%は34万5,500円、上位10%で42万2,000円となっています。

 

ざっくり計算すると、30代前半で推定年収710万円以上は大卒サラリーマンの頂点であり、女性の要望を十分満たすスペックであるといえます。また、大卒サラリーマンの上位10%が、その後も上位10%であり続けた場合は、40代後半で年収1,000万円超、50代では1,200万円に到達します。

 

収入上位10%「大卒サラリーマン」年収推移

 

30~34歳:713万1,800円

35~39歳:863万7,700円

40~44歳:977万9,100円

45~49歳:1,082万7,300円

50~54歳:1,244万2,700円

55~60歳:1,232万8,200円


出所:厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』より

平均的な賞与等が支給されるものとして算出

 

会社員&高所得を実現するエリートですが、高収入ならではのつらさもあります。それは高い税金です。

 

会社員の場合、給料から天引きされる社会保険料は「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」「介護保険料(40歳以上)」ですが、さらにそこへ「所得税」「住民税」が課税されます。

 

課税される所得金額

 

3,300,000円 ~ 6,949,000円まで……20%

6,950,000円 ~ 8,999,000円まで……23%

9,000,000円 ~ 17,999,000円まで……33%

18,000,000円 ~ 39,999,000円まで…40%

40,000,000円 ~以上……………………45%

 

 

出所:国税庁

 

 

 

給料があがったところへ、容赦なくかかってくる税金。エリートと結婚にこぎつけた妻も「思っていた生活と違う…」と、生活苦しさにあえいでいる可能性も、なきにしもあらずです。日本のエリートたちも、生活状況はなかなか厳しいと言わざるを得ません。

 

あなたにオススメのセミナー

    GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ