脳は積極的に覚えたものをすぐに忘れるようにできている理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

脳は周囲から受ける情報をすべて記憶すると、5分以内に限界にたっするといわれています。脳は思考や活動の司令塔ですから、ダウンしたら人は何もできなくなります。脳はすべての情報を覚えないようにできているといいます。記憶力日本選手権大会6回の最多優勝者の池田義博氏が著書『世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

記憶術を単体で使うのが難しい理由

もしかすると、本書を手に取られた皆さんの中には、すでに記憶術というものに、いろいろな形で触れてこられた方も多いのかもしれません。その方は、触れてきた記憶術に対してどのような感想をお持ちでしょうか。

 

正直にいって、なかなかかゆいところに手が届かないといった印象をお持ちの方もいるはずです。つまり、テクニックとしての記憶術のしくみは理解できるのだけれど、実際にそれを自分の勉強や仕事に当てはめるのが難しいというのが、感想としては多いのだと思います。それはある意味当然のことなのです。

 

いわゆる記憶術とよばれるものは、学問的にはどこに属するかご存知でしょうか。記憶というものを扱う学問は、形としては心理学の範疇です。しかし、心理学で扱う記憶から抽象的なものは排除して、技術としてより具体的な方法論に落とし込んだものが記憶術です。つまり、逆にいうと、具体的すぎるということです。

 

具体的すぎるというのは、型にはまっていることを意味しています。例えば、数字だけをたくさん覚えるとか、言葉だけをたくさん覚えるには便利なのですが、勉強や仕事で覚えたいものはそのようなものだけではないため、実用的な面に応用するのが難しいのです。したがって、記憶能力を伸ばしたかったら、記憶術だけではなく、記憶という能力を包括的に捉える必要があるということなのです。

 

包括的に捉えるためには、まず、記憶に関して知識の階層があることを知っておくべきです。先程述べたように、記憶術の上には心理学という階層があります。そして、その上の階層には脳科学があるのです。記憶は脳で行われるため、それも当然のことです。つまり、脳には記憶のメカニズムというものが存在しているのです。

 

そのメカニズムとは、脳の中で記憶に関わる部位はどこなのか、その部位はどういう働きをしてどういう性質を持つのか、そして、それらがどのように連携してどういう工程で記憶が行われているかということです。もちろん、学者や研究者のような深い知識が必要というわけではありません。簡単な特徴としくみがわかれば十分です。

 

私も、自分で記憶能力をアップさせるためにいろいろ調べていくうちに、脳の機能に行き着いたのですが、これを知ったことはとても大きな収穫でした。記憶に関する上位概念を知ることで、自分自身で覚える方法をカスタマイズすることもできるようになったからです。

 

そして、脳科学の次に位置する心理学ですが、簡単にいうと、実験などの検証で、どのような行動がどのような結果に結び付くかということを教えてくれる学問です。よく「○×効果」などの言葉を聞くと思いますが、記憶に関してもこういうものが存在します。そういう意味では、個々のものを覚えるというよりも、戦略的にどのような行動で効率的な学習ができるかといった知識を得ることができます。

 

オンライン開催】10/26(水)開催決定
年収2000万円以上の方限定、フルローンも可能!

「中古アパート」を活用した短期「減価償却」節税を実現
「Antique Apartment」新商品紹介&活用セミナー >>>>

あなたにオススメのセミナー

    記憶力日本選手権大会最多優勝者(6回)
    世界記憶力グランドマスター

    一般社団法人記憶工学研究所 代表理事/所長、世界記憶力グランドマスター、ライフキネティック日本支部 アンバサダー、アクティブ・ブレイン協会 テクニカルディレクター。
    記憶法との出会いをきっかけに記憶という能力に興味を持つ。独自に研究、トレーニングの末、初出場にもかかわらず2013年の記憶力日本選手権大会にて初優勝。その後、2019年まで出場した6大会にてすべて優勝。また、2013年にロンドンで開催された世界記憶力選手権において日本人初の「世界記憶力グランドマスター」の称号を獲得。現在は記憶能力も含め、多くの人の「脳力」向上に貢献することを自身のミッションとして活動中。テレビ・ラジオの出演および著書多数。
    一般社団法人記憶工学研究所
    https://mei.or.jp/
    池田義博オフィシャルサイト
    https://ikedayoshihiro.com/

    著者紹介

    連載誰にでも簡単にできる「記憶能力アップ」法

    本連載は池田義博氏の著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    池田 義博

    日本能率協会マネジメントセンター

    在宅勤務など個人単位で働く機会が増え、従来よりも個人の成果に焦点があてられ、成果物の質を決める「思考力」が要求されています。まずは頭の中の知識・情報の量を増やし、これらを有機的に結び付け、価値のあるアイデアを生…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ