【中小企業の勝ち残り戦略】新規事業開拓の成功率を高める〈3つの視点〉とはなにか? (※写真はイメージです/PIXTA)

中小企業を活性化する「両利きの経営」へ向け、新規事業に取り組もうにも、どこから手をつけるべきか迷う経営者の方は多いでしょう。新規事業創出へ向けたアプローチには様々な方法があります。多角的な視点を頭に入れたうえでの構想は、最適な方向性や戦略を得るために効果的です。ここでは、多角的な視点の重要性を解説します。※本記事は『中小企業の両利きの経営』(ロギカ書房)を抜粋・大幅に再編集したものです。

中小企業に求められる「未来へ向けた、多角的な視点」

中小企業が新規事業を構想する際には、企業それぞれに様々な背景があるに違いありません。このため取り組み初期の段階で、多角的な視点を認識し、最適なアプローチを取ることが重要と考えられます。

 

書籍『中小企業の両利きの経営』では、多くの著者が得意分野に基づく10の視点を提供しています。そのなかで、土台となる考え方は下記の①~④、(内部での)実践的な視点は⑤~⑧、外部連携的な視点は⑨~⑩となります。

 

【土台となる考え方】

 

①成長戦略の必要性

②組織のあり方

③イノベーション戦略

④見えない資産活用

 

【実践的な視点】

 

⑤新事業創出の5ステップ

⑥新事業開発手法

⑦第二創業

⑧DX戦略

 

【外部連携的な視点】

 

⑨フランチャイズ契約活用

⑩M&A

 

ここでは、上記視点のなかから重要な3項目について説明しましょう。

新規事業開発手法:「デザイン思考・仮説検証」の活用

新規事業開発と言っても、どこから手を付けたらよいかわからない、あるいは迷ってしまうという方も少なくないと思われます。具体的なアプローチ方法として「デザイン思考」「仮説検証」の考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

◆デザイン思考アプローチ

デザイン思考アプローチは、優れたデザイナーが日常的に使用している、「人の行動を深く観察する」「ブレーンストーミングで大量のアイデアを出す」「素早くプロトタイプ(試作品)をつくる」といった手法を事業開発に応用するものです。

 

まずは顧客の行動を深く観察、共感し、そこに隠されたニーズや秘められた価値を見出します。

 

次に、なぜその人がそのような行動を取るのかという洞察を行い、課題へ変換します。出てきた課題に対しては、ブレーンストーミング等によりなるべく多くのアイデアを出し、有望なアイデアがあったら、手軽な方法で短時間にビジュアルイメージ(試作品)をつくります。

 

そして、人々の反応を確かめ、取捨選択の上、改善に向けてこれらを繰り返すのです。優れた商品やサービスを得ていくために有効な方法と考えられます。

 

◆仮説検証アプローチ

仮説検証アプローチは、仮説をもとに最低限の機能をもった製品・サービスを提案し、顧客の反応を見ながら改善もしくは方向転換を行うアプローチです。

 

大規模な事前調査をしないので、コストや時間を節約することができます。「小さく始めて、素早く、大きく育てる考え方」として活用していくと良いでしょう。

 

あなたにオススメのセミナー

    五藤コンサルティングオフィス 中小企業診断士

    1987年 早稲田大学大学院・理工学研究科修了後、キヤノン(株)に入社。海外企業との協業によるプリンター開発、製品プロジェクトマネジメントに多数携わった。製品コンセプト立案・設計から量産立上げまでを手掛けた(プロジェクトマネジメント2製品は社長賞受賞)。2015年に中小企業診断士登録。2020年に五藤コンサルティングオフィスを開業。経営戦略・事業計画策定、創業支援、製品開発、マーケティング等が専門。現在、コンサルティング、研修講師、執筆活動等を行っている。

    五藤コンサルティングオフィスWEBサイト:https://goto-consult.com/

    事業承継支援コンサルティング研究会WEBサイト:https://jigyohikitsugi.com/kenkyu/

    著者紹介

    事業承継コンサルティング株式会社 

    「事業承継支援コンサルティング研究会」は事業承継コンサルティング株式会社が運営する、東京都中小企業診断士診断士協会認定の組織。弁護士・税理士などの士業、ファイナンシャルプランナー・銀行員・証券営業マン・生命保険セールスパーソンに対して事業承継支援スキル向上のための教育プログラムを提供している。

    運営している事業承継コンサルティング株式会社は中小企業診断士と公認会計士を中心とするコンサルティング会社。事業承継やM&Aのコンサルティング業務だけでなく、認定経営革新等支援機関として、事業承継税制(経営承継円滑化法の贈与税の納税猶予制度)や、ものづくり補助金、事業再構築補助金、経営資源引継ぎ補助金など申請サポートの実績が多数。

    事業承継支援コンサルティング研究会WEBサイト:https://jigyohikitsugi.com/kenkyu/

    著者紹介

    連載経営者必読!中小企業「両利きの経営」の極意

    中小企業の両利きの経営〈未来を創る10の視点〉

    中小企業の両利きの経営〈未来を創る10の視点〉

    事業承継支援コンサルティング研究会

    ロギカ書房

    未来を創る10の視点――「既存事業の深掘り」「新規事業の探索」中小企業だって“両利きの経営”を実践できる! 本書は、東京都中小企業診断士協会認定「事業承継支援コンサルティング研究会」における「第2回書籍出版プロ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ