中小企業の生命力を高め、寿命を飛躍的に伸ばす〈両利きの経営〉とはなにか? (※写真はイメージです/PIXTA)

企業の長期的な存続は、「これまでの成功事業」と「将来のための新規事業」の併存なしにはありえません。通常は大企業の経営を想定する「両利きの経営」ですが、実際には中小企業においても有効なのです。ここでは、中小企業の長期的な存続を見据えた企業運営のポイントを解説していきます。※本記事は『中小企業の両利きの経営』(ロギカ書房)を抜粋・大幅に再編集したものです。

成功している企業が陥りがちな「サクセストラップ」

「人間は歴史から学ばない、ということを私たちは歴史から学ぶ」

 

ドイツの哲学者ヘーゲルの言葉です。この言葉を耳にした時、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。あり得ないと決めつけていた「世界中を巻き込む戦争」。それは、一つかもしれません。

 

一方、ビジネスの世界に想いを馳せると、私は昔から抱いていたある疑問を思い出します。時代変化に対応しきれず、消えていくかつての優良企業。そういった事象は、なぜ世界規模で継続的に起こるのでしょうか? きっと、何か本質的な理由があるに違いありません。

 

「両利きの経営」は、こうした事象に関連する世界のイノベーション研究・最重要理論となっており、多くの学者によって研究が進められてきました。書籍『両利きの経営』は、この理論に関する初の体系的な解説書であり、アメリカの経営学者(チャールズ・A・オライリー、マイケル・L・タッシュマン)によって執筆されました。

 

「両利きの経営」とは、企業経営において、両手を巧みに使いこなすがごとく「知の探索(新規事業の発掘)」、「知の深化(既存事業の深堀り)」の両方を進めていくことをいいます。

 

一般的に市場で成功している企業の活動は、「知の深化」に偏る傾向があります。「知の深化」は従来製品の延長線上の改善であるため、リスクが低く、収益の確実性が高いのに対し、「知の探索」は未知領域で行われるため、多大な手間やコストがかかる上に、収益性が不透明なケースが多いためです。

 

この結果、中長期的なイノベーションが枯渇していくことを、サクセストラップと呼びます。前述の優良企業衰退の原因は、この辺りにありそうです。書籍「両利きの経営」は、その解決策について事例を示しながら解説しています。

 

「両利きの経営」の実践を考えるにあたって、既存事業と新規事業の特性について、あらかじめ頭に入れておきたい点があります。

 

マネジメント面において、既存事業では製品の漸進的な改善が中心となるため、効率性、コントロール、確実性、などを重視することが求められます。一方、新規事業では未知領域を試行錯誤しながら進んでいくため、スピード、柔軟性、自発性などを重視したリーダーシップが求められます。

 

収益面では、短期的に既存事業の方が圧倒的に効率的である一方、中長期的に新規事業が収益性を向上させた場合、カニバリゼーション(共食い)が生じて既存事業の脅威となり得ます。

 

2つの事業組織には、このように葛藤が生じる本質的なメカニズムが存在しているのです。「両利きの経営」では、これらを踏まえたリーダーシップ発揮や組織づくりを行うことが、ポイントとなります。

 

あなたにオススメのセミナー

    五藤コンサルティングオフィス 中小企業診断士

    1987年 早稲田大学大学院・理工学研究科修了後、キヤノン(株)に入社。海外企業との協業によるプリンター開発、製品プロジェクトマネジメントに多数携わった。製品コンセプト立案・設計から量産立上げまでを手掛けた(プロジェクトマネジメント2製品は社長賞受賞)。2015年に中小企業診断士登録。2020年に五藤コンサルティングオフィスを開業。経営戦略・事業計画策定、創業支援、製品開発、マーケティング等が専門。現在、コンサルティング、研修講師、執筆活動等を行っている。

    五藤コンサルティングオフィスWEBサイト:https://goto-consult.com/

    事業承継支援コンサルティング研究会WEBサイト:https://jigyohikitsugi.com/kenkyu/

    著者紹介

    事業承継コンサルティング株式会社 

    「事業承継支援コンサルティング研究会」は事業承継コンサルティング株式会社が運営する、東京都中小企業診断士診断士協会認定の組織。弁護士・税理士などの士業、ファイナンシャルプランナー・銀行員・証券営業マン・生命保険セールスパーソンに対して事業承継支援スキル向上のための教育プログラムを提供している。

    運営している事業承継コンサルティング株式会社は中小企業診断士と公認会計士を中心とするコンサルティング会社。事業承継やM&Aのコンサルティング業務だけでなく、認定経営革新等支援機関として、事業承継税制(経営承継円滑化法の贈与税の納税猶予制度)や、ものづくり補助金、事業再構築補助金、経営資源引継ぎ補助金など申請サポートの実績が多数。

    事業承継支援コンサルティング研究会WEBサイト:https://jigyohikitsugi.com/kenkyu/

    著者紹介

    連載経営者必読!中小企業「両利きの経営」の極意

    本連載は事業承継支援コンサルティング研究会の著書『中小企業の両利きの経営』(ロギカ書房)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    中小企業の両利きの経営〈未来を創る10の視点〉

    中小企業の両利きの経営〈未来を創る10の視点〉

    事業承継支援コンサルティング研究会

    ロギカ書房

    未来を創る10の視点――「既存事業の深掘り」「新規事業の探索」中小企業だって“両利きの経営”を実践できる! 本書は、東京都中小企業診断士協会認定「事業承継支援コンサルティング研究会」における「第2回書籍出版プロ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ