ぽっこりお腹を凹ますには「鍛えるべきは下半身」の納得の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

日々の忙しさと不摂生にかまけているうちに、なってしまった「ポッコリお腹」。ほぼ全員がまっさきに取り組むのが腹筋運動。しかし、腹筋運動には効果がないといいます。パーソナルトレーナーとして25年の経験の中野ジェームズ修一氏が著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)で解説します。

お腹周りの筋肉は全身でみると小さな筋肉

▶Q:お腹を凹ませるならどっち?

A:スクワット
B:脚上げ腹筋

 

イラストレーション=斉藤ヨーコ、中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。
イラストレーション=斉藤ヨーコ、中野ジェームズ修一著『やせるのはどっち?』(飛鳥新社)より。

 

正解はこっち! A:スクワット

 

■「お腹を凹ます=腹筋運動」ではありません。

 

「部分やせを狙うなら、やせたいところを集中的に鍛えるのが近道」と信じていませんか?

 

お腹を凹ませたくてひたすら腹筋運動をしたり、「くびれが欲しい!」と一生懸命に腰を回したり……。でも、このようなお腹周りの筋肉を使う筋トレには、お腹の脂肪をとる効果はあまり期待できません。

 

理由は2つ。ひとつ目の理由は、人間の体には動かしている部分の脂肪を、優先的に燃やすしくみがないため。人間の体は運動をすると全身の脂肪を少しずつ分解し、血液中に流します。これが動かしている筋肉に運ばれ、エネルギーに変わることで、筋肉を動かす燃料になるのです。

 

最近の研究では、部分的に落とすことも可能であるという報告がありますが、あくまでも微量です。

 

2つ目の理由は、お腹周りの筋肉は全身でみると小さな筋肉だから。

 

脂肪を溶かして作ったエネルギーは、筋肉という「エンジン」を動かす「ガソリン」です。当然、エンジンが大きければ大きいほど消費するエネルギーも増えます。ところがお腹の筋肉は意外に小さく、薄いのです。ツラい思いで腹筋運動を続けても、期待するほど多くのエネルギーを消費できません。

 

とにかく大きな筋肉(エンジン)を動かして、どんどんエネルギー(ガソリン)を使ってしまう。やせたい、引き締めたいのがどの部位であろうと、これが体脂肪を落とす一番の近道です。

 

そこで、鍛えるべきは下半身。なぜなら、全身の筋肉の約7割は下半身に集中しているからです。

 

お腹の脂肪を落としたい人はもちろん、二の腕や背中のぜい肉を落としたい、全身やせたいという人も、下半身を使った運動をすればいい。筋トレなら、筋肉量を増やしながら消費エネルギー量もアップできるので、一石二鳥の効果です。

 

 10月14日(金)開催 
【経営者・高所得サラリーマン必見】
「年内償却」を活用した所得税対策とは?

~まだ間に合う!「富裕層を熟知した税理士」が教える
年収1,000万円以上の人が実践しているテクニック~

詳細はコチラ>>

あなたにオススメのセミナー

    PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
    米国スポーツ医学会認定運動生理学士
    (株)スポーツモチベーション 最高技術責任者
    (社)フィジカルトレーナー協会(PTI)代表理事

    「理論的かつ結果を出すトレーナー」として数多くのトップアスリートやチームのトレーナーを歴任。とくに卓球の福原愛選手やバドミントンのフジカキペア(藤井瑞希選手・垣岩令佳選手)、マラソンの神野大地選手の個人トレーナーとして広く知られている。2014年からは青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化も担当。ランニングなどのパフォーマンスアップや健康維持増進のための講演、執筆など多方向で活躍。近年は超高齢化社会における健康寿命延伸のための啓蒙活動にも注力している。自身が技術責任者を務める東京都・神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」は、無理なく楽しく運動を続けられる施設として、幅広い層から支持を集め活況を呈している。主な著書に『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)、『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)などベストセラー多数。

    著者紹介

    連載理想の身体を手に入れる「失敗しない」法則

    本連載は、中野ジェームズ修一氏の著書『やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則』(飛鳥新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

    やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

    やせるのはどっち? 理想の体が手に入る「失敗しない」31の法則

    中野ジェームズ修一

    飛鳥新社

    ダイエットを始めた日本人の8割以上が挫折する、という残念な調査結果もあります。おそらく、過去、何度もダイエットに失敗した経験を持つ方はたくさんいらっしゃるでしょう。 しかし、長年の経験をもとに、著者は断言します…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ