【国民年金】6割弱の人が知らない…「月々400円」で受取額を大きく増やす方法【CFPが解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

国民年金の受給額は満額でも月額わずか64,816円(令和4年度)。しかし、掛け金にプラス400円を払うだけで、受取額を積み増しできる制度があるのをご存じでしょうか。ところが、なぜか国民の間にはあまり周知されておらず、厚生労働省年金局の調査によれば、6割弱もの人がこの制度の存在を知りません。本記事では、この制度が活用できる人、メリット・デメリット等を見ていきます。

青果店経営50歳男性、国民年金受給額の少なさに焦る

「受取れる年金額が少ないと知ったので、自助努力でなんとかしなくてはと思い、iDeCoの検討を始めました。そんな中、毎月たった400円保険料を多く支払うことで国民年金の受取額を増やせる制度があると聞いたのですが、本当でしょうか?」

 

国民年金には、「付加年金」という制度があります。これは、毎月の国民年金保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、将来受給する年金額を増やすことができる制度です。そして驚くことに、付加保険料は月々たったの400円です。1週間に換算すると100円あまり、毎週缶コーヒー1本を我慢すれば捻出できる金額です。

 

毎月400円上乗せして保険料を支払うことで、将来受取れる年金額がどれだけ増えるかというと、

 

200円 × 400円を支払った月数

 

これだけ、毎年の年金額が増えます。毎年です。そしてこの金額が、永久に保障されます。2年1ヵ月以上受取ると、支払った付加保険料以上の年金が受取れるということです。

 

付加年金として受取れる金額は、マクロ経済スライドの対象外となるので、増えたり減ったりすることなく、必ずこの金額を受取れます(繰下げや繰上げをした場合は増減します)。

 

あなたにオススメのセミナー

    ヨージック・ラボラトリー合同会社 CFP
    証券外務員1種
    愛玩動物飼養管理士

    新卒で証券会社に入社しリテール営業を経験。
    その後、生命保険会社の法人営業、教育部門、営業推進部門を経て、2022年にヨージック・ラボラトリー合同会社の業務執行社員となる。
    証券会社・生命保険会社という金融機関での勤務を通じて、個人個人への金融リテラシー教育の重要性を実感。金融知識を分かりやすく発信するとともに、生命保険募集人向けの営業支援ツールの制作を行っている。

    ヨージック・ラボラトリーHP
    https://yozhik-labo.com/

    著者紹介

    連載CFPが解説!「日本の老後資金」問題を考える

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ