Uターン成功は「求人票に載っていない情報」を掘り起こせるか (※写真はイメージです/PIXTA)

地方には、求人票にも載っていない情報がたくさん眠っています。地方企業の多くは明確な経営課題を抱えながらも、その解決策を採用枠や求人票にまで落とし込めていないところがほとんどです。キャリアコンサルタントの江口勝彦氏が解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】8/17(水)19:00~開催決定
勤務医ドットコムが医師の節税・資産形成のご提案
最新「IoT投資用不動産」で利回り7%以上!

【医師限定】緊急オンラインセミナー 詳しくコチラ>>>

エージェントが人材ニーズを掘り起こす

■流通しない求人票にアクセスできるかがUターン転職の分かれ目

 

地方には、そもそも流通しておらず求人票にも載っていない情報がたくさん眠っています。非上場企業なのでそもそもの情報が少なく、広告も出していないので知られていないけれども、業界トップシェアのメーカーや歴史のある老舗企業、日本での知名度より海外で有名な会社などが、地方にはたくさんあります。そういった企業は経営者もやり手なので、採用へのモチベーションも高くなります。

 

人は宝という意味の「人財」という言葉がありますが、人材が会社を作り未来を創るということを、彼らはよく理解しています。

 

ただ、地方企業の多くは明確な経営課題を抱えながらも、その解決策を採用枠や求人票にまで落とし込めていないところがほとんどです。そして、私の会社のような地元のエージェントがいざ人材を紹介した時に、「この人なら我々の経営課題を解決できる」と見込んで、新たな採用枠が設けられるケースが多いのです。

 

だからこそ、ジョブ・ハンティングやジョブ・クリエイティブが合っているのです。私の経験から言っても、Uターン人材の経歴などの情報を見せて、経営者や人事担当者と話すなかで、

 

「渋谷でWEB広告をやってた人なの? それならうちのECを強化するのにいいかもしれないね。採用は考えてなかったけど、お勧めの人材なら逃す手はないな。一回、面接させてよ」

 

となっていくパターンが圧倒的に多いです。

 

どこの地域に転職するにしても、その地元で県内企業の情報をがっちりつかんでいるエージェントがきっといるはずです。そういうエージェントと出会うことができれば、難航しがちな転職活動がガラリと景色を変えるに違いありません。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/18(木)開催決定
節税、相続、贈与対策から資産形成まで
10万円から始める不動産クラウドファンディング
「グッドコムファンド」販売、緊急セミナー>>>>

株式会社エンリージョン 代表取締役
キャリアコンサルタント

1978年生まれ。静岡東高校から千葉大学教育学部に進学、2002年卒業。東京日産自動車販売に入社(関東実業団バスケットボール所属)。2003年、新潟アルビレックスBBに入団。翌年にABA(米マイナーリーグ)挑戦のため渡米。2005年に現役を引退。その後、妻の地元である新潟に定住し、リクルート新潟支社にてセカンドキャリアをスタート。自身が地方転職した経験を活かし、2010年に地方特化型の人材紹介会社エンリージョンを設立(リージョナルスタイル加盟)。現在は経営者でありながら、キャリアコンサルタントとして人材紹介や採用代行、転職支援などのサービスを提供している。

著者紹介

連載30代で「Uターン転職」を成功するポイント

本連載は江口勝彦氏の著書『幸せのUターン転職』(幻冬舎メディアコンサルティング)から一部を抜粋し、再編集したものです。

幸せのUターン転職

幸せのUターン転職

江口 勝彦

幻冬舎メディアコンサルティング

30代になると結婚や子どもの誕生、マイホームの購入、親の介護などさまざまなライフイベントを迎えます。 そのタイミングで都会からのUターン転職を考える人もいますが、年収やキャリア形成の不安から「自分が働ける場所はな…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ