【みんなが信じれば株価上昇】投資初心者が面食らう「美人投票の理論」って? (※写真はイメージです/PIXTA)

株式投資は、非常に奥深く面白いものです。株の価格予測については、優秀な頭脳が集計や分析を重ね、いくつもの方法論を打ち立ててきましたが、一方で、多くの人が評価・敬遠すれば、あっという間に株価は上昇・下落するという現実があります。この興味深いしくみについて、スリル満点の投機的な投資がやめられない、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

ゼロ金利下の金融緩和「毒にも薬にもならない」はず…

金融緩和というのは、日銀が銀行から国債を買って代金を払うことです。それにより、ほかの銀行から資金を借りようと思っていた銀行が、日銀に国債を売ったことで借りなくてすむようになるわけです。

 

すると、貸したい銀行と借りたい銀行のバランスに変化が生じ、銀行間の貸借の際の金利が下がります。これが銀行の貸出金利の低下につながって、設備投資等が増える、ということを日銀は期待しているわけですね。

 

ところが、ゼロ金利のときには、金融を緩和しても金利は下がりません。貸したい銀行と借りたい銀行のバランスが変化しても、金利はゼロのままです。貸したい銀行の方が多くなるので、借り手を見つけられない銀行が出てきますが、その銀行が日銀に預金する、というだけですから。

 

結局、「銀行が政府に金を貸している状況」から「銀行が日銀に金を貸し、日銀が政府に金を貸している状況」に移行するだけで、何も変わらないのです。それなら株価も変わらないはず、というのが理屈なのですが、株価には理屈通りに動かないという問題があるのです(笑)。

 

ちなみに、ゼロ金利下で日銀が金融緩和をしても、貸出は増えません。銀行が国債を持っていたのは借り手がいないから仕方なく持っていたのであって、それを日銀に売ったからと言って借り手が見つかるわけではない、ということですね。しかも、銀行間の貸借の金利が変わらないならば、銀行の貸出金利は変わらず、借入需要も変わらないわけです。

 

なお、マイナス金利の話は本稿では忘れておきましょう。マイナス幅自体が小さいですし、銀行間金利と日銀の預金金利が同じであれば、マイナスであることに大きな意味はないからです。

人々の考えを知るほうが、儲けにつながりやすい

株価は「美人投票」の世界です。これはケインズの言葉で、株価は人々が上がると思うと買い注文を出すので実際に上がる、ということを意味しています。重要なことは、真実が何であるかを知ろうとするよりも人々が何を考えているかを知ろうとする方が儲けにつながりやすい、ということですね。

 

アベノミクスの一環として、黒田日銀総裁が大胆な金融緩和をしました。筆者は、元銀行員なので、ゼロ金利下で金融を緩和しても理屈としては何も起きないはずだ、と知っていたのですが、銀行員ではない投資家たちは、大胆な金融緩和で株価が上がると考えていたわけです。そこで彼らが大規模な買い注文を出し、結果として株価は大きく値上がりしたわけですね。

 

筆者も、株を買いました。「銀行員でない投資家たちが株を買えば株は値上がりするだろう。自分も先回りして急いで買おう」というわけですね。自分だけが真実を知っている、などと自己満足していては儲けられないのが株式投資ですから。

 

儲かった金で、何度も飲みに行きました。そのたびに「黒田総裁、ありがとう」と言って乾杯をしたのですが、美人投票について教えてくれたケインズ先生にも礼を言うべきでしたね(笑)。

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ