飲食店アルバイトの学生たち「高齢男性は怖い」…「マナーの悪い高齢者」が誕生するワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

人生100年時代。NPO法人「老いの工学研究所」理事長の川口雅裕氏は、書籍『年寄りは集まって住め』のなかで、『高齢者と「世間」や「共同体」の関係』について、昨今の話題から解説しています。

「高齢者にマナーの悪い人が多い」納得の理由

飲食店や小売店でアルバイトをしている学生たちは、一様に「高齢男性は怖い」と言います。

 

店内でマナー違反をしたり、些細なことで文句を言い始めたり、怒鳴ったりする人が少なくないからです。

 

接客のシーンにおいて、高齢男性は極めて面倒くさい、警戒したほうがいい存在になってしまっています。もちろん高齢女性にもそのような人はいるでしょうが、圧倒的に高齢男性が恐れられているというのが現状です。

 

「世間」をキーワードにすれば、これは分かりやすい現象です。

 

マナーというものには(少なくとも日本人にとっては)「世間を安定的に維持する手段」という面があります。

 

あるいは、世間に馴染み、世間の一員として共同体を乱す意思を持たない者であると証明するための手段とも言えるでしょう。

 

私たち日本人はそのときに属している世間の中で、その安定を乱さないような言動を選択し、その安定に寄与する役割を演じ続けてきています。

 

つまり、世間というものの存在が日本人のマナーをよくしている。

 

逆に言うと、日本人は世間を失うとタガが外れやすくなる。そう考えると、高齢者にマナーの悪い人が多くいることも説明がつきます。

 

高齢期になると世間(属する共同体)が狭くなったり、なくなってしまったりするからです。

 

生まれ育った故郷にはもちろん、都会へ出て会社に就職しても、そこには世間がありました。

 

定年などで職場を離れる、配偶者や友人を亡くす、身体的な衰えによって活動範囲が狭くなる、郊外での一人暮らしにより他人との交流がなくなるなどして、それまでの人生において、ずっと自分の言動の選択基準となってきた世間を喪失していきます。

 

それは特に、会社に人生を捧げてきた男性に顕著です。

 

それまで世間が提示してくれていた「正義」はどこにもありません。「空気」を読もうにも読む「空気」がありません。

 

世間を失った高齢者ほど、マナーが悪くなるわけです(そう考えると、立派で格好の良い高齢者は、様々な活動や交流がある環境に身を置き、世間を感じ続けているのでしょう)。

あなたにオススメのセミナー

    日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
    掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

    本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『年寄りは集まって住め』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ