総合株価指数採用銘柄30社、すべて買っても30万円!「フィリピン株式」の魅力

安定した経済成長性から、世界の投資家から熱い視線を浴びるフィリピン。なかでも株式投資には日本株にはない魅力があるといいます。一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクター、家村均氏が解説します。

少額から購入できる

\\9/3開催//
世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開
~狙われる富裕層…今からならまだ間に合う!2024年のXデーに備えよ!

 

――超長期の経済成長を取り込むことができる

――上場銘柄数が270社程度と少なく、銘柄選択がシンプル

――IPO株が購入しやすい

 

さまざまな魅力のあるフィリピン株式投資。さらに「個別銘柄の単価が安く、買いやすい」というのも魅力のひとつです。それによって、非常にポートフォリオを作りやすい、リスク分散しやすいなど、非常に大きなメリットがあります。

 

まず日本のトップ企業の株式を買おうとしたら、いくらくらいかかるでしょうか。たとえば「トヨタ」。株式最低購入価格は73万円ほどです。「任天堂」は545万円ほど、「ユニクロ」は811万円ほど*1

 

*1:2022年5月時点

 

もしこの3社に分散投資をしてポートフォリオを組んでいこうとなると、1,500万円くらいは必要になってきます。もし日本のトップ企業、10社くらいに分散投資となると、1億円くらいは必要になってくるのではないでしょうか。これはかなりハードルの高いことです。

 

一方、フィリピン株はどうでしょうか。フィリピンには、フィリピン経済そのものといえる財閥があります。インフラ開発から都市開発、金融業、製造業、小売りサービスなど、国の主要基幹産業、すなわち、フィリピン経済そのものを支える企業体で、「Ayala」「San Miguel」「SM Investments」など、10の大変大きな財閥です。

 

個別の銘柄がいくらかといえば、「San Miguel」は日本円で2,000円くらい、「SM Investments」は2万円くらいです*2。主要財閥銘柄を10社、全部買ったとしても、日本円で10万円前後にしかなりません。

 

現在、フィリピンはコロナ禍からの回復ということで、株価は上昇傾向にあります。それでも高成長が期待されるフィリピン経済に強い影響力をもつ10の主要財閥すべてに10万円程度で分散投資できる……これは株式投資において、非常に大きなアドバンテージです。

 

*2:2022年5月時点、1ペソ2.2円と換算

 

 

【8月25日(木)開催セミナー】
エリア権の獲得は早いもの勝ち!社会貢献と安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ