新人大学教員の困惑「ほかの教授と交流しにくい」「講義のレベルをどうすれば…」 (※写真はイメージです/PIXTA)

一般企業のサラリーマンから大学教員になると、仕事内容はもちろん、常識の違いに驚くことになります。今回は、新人の教員が戸惑いがちなシーンとともに、実際に授業を行う上での注意点について、メガバンカーから大学教授に転身した経験を持つ経済評論家の塚崎公義氏が解説します。※本記事は『大学の常識は、世間の非常識』(祥伝社)の内容の一部を紹介したものです。

新人大学教員に「指導担当係」はつかないので…

民間企業の場合、新入社員には「指導担当係」が割り当てられ、仕事の具体的な内容はもちろん、公私にわたって「社会人の基本」を含め、教えてもらえる場合は多いでしょう。

 

しかし大学では、新しく教員になったからといって、指導担当係を割り当ててもらえるとは限りません。一国一城の主である大学教員を「指導する」ような失礼なことはしない、という建前なのかもしれませんが、新人教員は大いに不安に感じるはずです。

 

大学教員としての最初の仕事は「シラバス」作成です。これは、着任前に「どんな講義をするのか、学生に提示して、学生が科目選択をする際の判断材料にしてもらう」というものなので、着任前にどんな講義をするのか、大枠を決めておく必要があるわけです。

 

シラバスと実際の講義がある程度乖離していても、問題となることは稀でしょうから、神経質に考える必要はありませんが、単位認定方法が試験なのかレポートなのか、といった点は学生の重要関心事項なので、しっかり考えて事前に決めておく必要があるでしょう。

 

講義のやり方も手探りでしょうが、数多くの会議があって、どんな準備をすればいいのか、出席しなければいけない会議なのか、といったことも不明確な場合が多いようです。着任して1年すると全体像が見えてくるので、それまでは不安ですね。

研究室は「個室」…雑談から情報収集するのも一苦労

講義のやり方や、来週の会議の準備方法といったことも、民間企業であれば大部屋で仕事をしている間に周囲の人の話に聞き耳を立てたり、雑談の中でヒントが得られたりするものですが、大学教員の執務室は個室なので、そうした情報が入って来にくいわけです。

 

友人も作りにくいですね。個室であることに加え、教員はそれぞれ専門が異なるので共通の話題が乏しい、といったこともあります。人付き合いが好きではないから大学教員になった、という人はいいのでしょうが、それでも情報が入って来ないと困るということは認識しておきましょう。

 

意外と重要なのは、大学教授相互の人間関係かもしれません。誰と誰が仲が悪いのかを知っておかないと、虎の尾を踏んでしまう可能性がありますから(笑)。

 

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載大学の常識は、世間の非常識!?…元メガバンカーの元大学教授が見た、日本の大学昨今事情

    大学の常識は、世間の非常識

    大学の常識は、世間の非常識

    塚崎 公義

    祥伝社

    「一国一城の主」である教授は、自由で、楽しくて、天国のような職場――。しかし、そんな「恵まれた職場」である大学にも、違和感はありました。 「大学の常識は、世間の非常識」なのではないだろうか。どうしたら日本の大…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ