優しい王様の温情「庶民のため、イモの価格を安くせよ」後日、国の経済が大混乱したワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

アダム・スミスは「経済のことは、神の見えざる手に任せよう」といい、マルクスは「貧富の拡大を防ぐため、経済は政府が管理すべき」といいました。「経済格差をどこまで容認するか」という論点はありますが、とても難しい問題ですね。メガバンカーから大学教授に転身した経験を持つ経済評論家の塚崎公義氏が解説します。※本記事は『大学の常識は、世間の非常識』(祥伝社)の内容の一部を紹介したものです。

政府による経済への「手出し・口出し」は悪影響!?

経済学を作ったのは、アダム・スミスという人ですが、彼の言葉で最も有名なのは「神の見えざる手」というものです。これは、「神様の手は見えないけれども、神様にお任せしておけば経済のことはうまくいくので、王様は経済のことに手出し口出ししないでください」ということですね。

 

もちろん、例外もありますから、本当に政府が経済にまったく関与しないと問題が生じるわけですが、大原則としては政府の手出し口出しは悪影響を与えることのほうが多い、というのは、いまでも経済学の最も基本的な考え方となっています。

モノの価格は「需要と供給が一致する水準」に着地する

イモを売りたい農家が5人いるとします。3人は市場の近くに住んでいるので、1個100円でも売りたいと考えています。1人は少し遠くに住んでいるので、200円なら売りたいと考えています。もう1人は遠くに住んでいるので、300円でないと売りたくない、と考えています。

 

イモを買いたい人が5人いるとします。3人はとても空腹なので、1個300円でも買いたいと思っています。1人は少し空腹なので、1個200円でも買いたいと思っています。1人はあまり空腹ではないけれども、1個100円なら買いたいと思っています。

 

10人が市場に集まって取引をすると、何が起きるでしょうか。ちなみに、取引できるイモの量は1人1個だけだとします。

 

1個200円ならば、4組のペアが出来て、平和です。遠くに住んでいる人は売りに来ず、あまり空腹でない人は買いませんが、それ以外の人は取引できるでしょう。

 

1個100円ならば、買いたい人が5人いて、売りたい人が3人しかいないので、買いたいけれども買えていない人が「私なら101円で買うから、他の人に売らずに私に売ってください」「私なら102円で買うから…」という具合に値段が上がっていき、1個200円になるまで値上がりが続きます。

 

1個300円ならば、売りたい人が「私なら299円で売りますから、他の人から買わずに私から買ってください」という具合に値段が下がっていき、やはり1個200円になるまで続きます。

 

神様に任せておくと、イモの値段は1個200円になるわけですね。「売りたい人の人数と買いたい人の人数が同じになるように値段が決まる」わけです。1人1個という制限がなくても、「売り注文の数と買い注文の数が同じになるように値段が決まる」といえばいいでしょう。

 

経済学では、売り注文を供給、買い注文を需要、値段を価格と呼ぶので、「需要と供給が一致する水準に価格が決まる」ということになります。

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載大学の常識は、世間の非常識!?…元メガバンカーの元大学教授が見た、日本の大学昨今事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ