その他 歴史
連載チャーチルになれなかった男は何を語ったか【第3回】

「答えは、まちがえなくイエスだ。」ボリス・ジョンソン党首辞任で「チャーチルの警告」への見解が話題!【著作より緊急抜粋】

ボリス・ジョンソンチャーチル

「答えは、まちがえなくイエスだ。」ボリス・ジョンソン党首辞任で「チャーチルの警告」への見解が話題!【著作より緊急抜粋】

いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けてきたジョンソン首相。2016年6月に行われた国民投票以来、イギリスではEU離脱をめぐって国論が二分し、政治が混乱しました。これが離脱に向けて急速に進み始めたきっかけは、2019年7月のジョンソン首相の就任でした。

チャーチルのことを強烈に意識しているジョンソンが書き下ろした評伝『チャーチル・ファクター』には、チャーチルこそ統一ヨーロッパ運動の理念的創設者であったことが強調されていいます。それは本当なのでしょうか。

ボリス・ジョンソン著『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)から、抜粋してお届けする。

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
富裕層の相続対策から税金対策の悩みを一挙解決!
詳しくはこちら>>>

親ヨーロッパ派、懐疑派から担がれるチャーチル

人々は今もチャーチルを、現代世界のさまざまな政治的難題の調停者として引き合いに出そうとする。これは彼の予言能力の証左である。彼が残した膨大な量の発言のなかからある意見を正当化したり、ある行動を承認した文言を見つけると、その言葉は稀有の賢人にして闘将であった故チャーチルからのお墨付きでもあるかのように大げさに扱われる。

 

彼の亡き魂が最も頻繁に相談を受ける難題は、イギリスと「ヨーロッパ」の関係をおいてない。この問題はチャーチル以降、すべての後継首相たちを悩ませてきた。ヨーロッパといかに付き合うかという問題は、時としてあまりにも険悪な対立を生み、政治生命の抹殺の危機に見舞われた首相もいる。

 

「ヨーロッパ」との関係はイギリスの主権、民主主義、大陸ヨーロッパ大同盟からの独立という遠大な事柄をめぐる問題であり、これはきわめてチャーチル的な論争である。1940年の英雄を範に取れば解決できそうな気がしてくる。

 

やっかいなのは、チャーチルが親ヨーロッパ派、ヨーロッパ懐疑派の両方から担ぎ出されることだ。両派ともチャーチルを崇拝し、予言者としてあがめている。そして時には、彼の言葉の意味や意図をめぐる論争が宗教的な大分裂のような激しさにまで発展するのである。

 

たとえば2013年11月、当時の欧州委員会の委員長マヌエル・バローゾは演説の中で、チャーチルが1948年に(それ以前もしばしば)統一ヨーロッパの創造の必要性について語ったことをそのまま引用し、ヨーロッパ懐疑派が優勢のインターネット上では雨あられのような攻撃を受けた。

 

ある懐疑主義者はチャーチルを“でぶの、うそつきの卑劣な男”と呼んだ。チャーチルを擁護し、バローゾを叩いた者もいた。このときの様子は、あるヨーロッパ懐疑派の人物が匿名で書いた記事からうかがい知ることができる。彼はある新聞のウェブサイトで仮名を使って以下のように書いている。

 

われわれは二流の、選挙で選ばれたわけでもない、無責任な外国人政治家(ポルトガル人のバローゾのこと)のアドバイスなどいらない。早いところやつがブリュッセルの街灯に吊り下がっている姿を見たいものだ。われわれに説教を垂れるのをやめて国に戻ってくれ。私はこの人物が大嫌いだ。すぐにでも死ねばいいと思う。ついでに彼のお仲間のEU委員、外国の奴らを含めたすべての欧州議会議員たちもそうすれば、イギリスに住む権利などない物乞いのような外国人たちも一掃できるだろう。

 

彼(この記者はたぶん男性だろう)の議論の是非はともかく、ここには明白な怒り、息が詰まるほどの憎しみがある。つまりポルトガル人であるバローゾが、ヨーロッパ統合を正当化するためにウィンストン・チャーチルを引き合いに出そうとすることに対する怒りである。

 

こういう文章を書く人々のあいだでは、チャーチルはテコでも動かないイギリスの頑固一徹さと独立自尊の確たる象徴と思われている。そのチャーチルがポルトガル人であるバローゾごときにヨーロッパ連邦主義者の味方として語られるなどとんでもないというわけだ。

 

あなたにオススメのセミナー

    イギリス第77代首相 保守党党首

    1964年生まれ。イートン校、オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業。1987年よりデイリー・テレグラフ紙記者、1994年からスペクテイター誌の政治コラムニストとして執筆、1999年より同誌の編集に携わる。2001~2008年、イギリス議会下院議員(保守党)。2005年、影の内閣の高等教育大臣に就任。2008年から2016年5月まで2期にわたってロンドン市長を務める。2015年、再び下院議員として選出される。本書のほかに、The Spirit of London, Have I Got Views for You, The Dream of Romeなど著書多数。

    著者紹介

    連載チャーチルになれなかった男は何を語ったか

    ※本連載はボリス・ジョンソン氏の著書『チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

    チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

    ボリス・ジョンソン

    プレジデント社

    いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けているジョンソン首相。 彼が尊敬してやまないウィンストン・チャーチルも傲…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ