ボリス・ジョンソン党首辞任!「ヨーロッパ合衆国」に距離を置いたチャーチルの真意【著作より緊急抜粋】

いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けてきたジョンソン首相。2016年6月に行われた国民投票以来、イギリスではEU離脱をめぐって国論が二分し、政治が混乱しました。これが離脱に向けて急速に進み始めたきっかけは、2019年7月のジョンソン首相の就任でした。

チャーチルのことを強烈に意識しているジョンソンが書き下ろした評伝『チャーチル・ファクター』には、チャーチルこそ統一ヨーロッパ運動の理念的創設者であったことが強調されていいます。しかし、一方でチャーチルは「統一ヨーロッパ」に距離を置いているようにみえます。

ボリス・ジョンソン著『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)から、抜粋してお届けする。

「ヨーロッパ合衆国」はチャーチルの造語

彼は情熱的に国家主権という根本的な問題について語り、典型的なチャーチル流国際主義を論じて演説を締めくくる。親ヨーロッパ派のお決まりの議論だ。すなわち、イギリスは防衛問題ですでにNATOとアメリカと主権を分かち合っているではないか。なぜヨーロッパとそれができないのか?

 

世界の流れは国家間の相互依存です。それが最善の望みであるという信念が世界にあふれているのが感じられます。もし個々の独立国家の主権は神聖不可侵だとしたら、われわれが世界機構に属しているということはどういうことでしょうか。それこそがわれわれが信奉すべき理念だからであります。

 

なぜわれわれは西ヨーロッパの防衛という巨大な義務を引き受けたのでしょうか。われわれのように海峡によって他国の侵攻から守られていない国々の運命に、なぜかつてないほどかかわり合ったのでしょうか。なぜわれわれはアメリカに富の施しを受け、経済的に依存することを受け入れたのでしょうか。現政権はそのために手を尽くしました。

 

このことが理解され、受け入れられさえするのは、ひとえに相互依存こそわれわれの信念の一部であり、救いの手段であるという考えが大西洋の両側で共有されているからです。

 

いや、それだけではありません。その世界機構のために私たちは危険さえ冒し、犠牲もいとわないでしょう。わがイギリスは一年間、独裁体制に対して孤立無援の戦いをしました。それは純粋にイギリスの利益のためだけではありません。われわれの暮らしがその戦いにかかっていたのは事実です。しかしわれわれが懸命に戦い、1940年と1941年、勝利のユニオンジャックが翻り続けたのは、この戦いがわれわれ自身だけでなく、世界の大義のためだという確信があったからです。

 

自らの命を捧げた兵士、息子のために涙を流した母親、夫を亡くした妻は、われわれが自分たちだけでなく人類にとって尊いもののために戦った事実によって励まされ、あるいは慰められ、自分たちが普遍的なもの、永遠なものにつながっていることを感じ取りました。保守党と自由党は、国家主権は不可侵ではないと考えます。そして、すべての大陸のすべての人が相携えて家路を探すことによって、国家主権はかならずや縮小するだろうと宣言します。

 

チャーチルが見境のない連邦主義者、つまりは「ヨーロッパ合衆国」の信奉者だった証拠として、これを見よといわんばかりに取り上げられるのはこの種の文言である。ほかにもいくらでもある。彼が初めてヨーロッパ連合のビジョンを明確にしたのは1930年のアメリカ旅行のあとのことだ。国境や関税のない単一市場が経済成長に貢献していることを見て衝撃を受けたのである。実際、「ヨーロッパ合衆国」という記事も書いており、この見出しもチャーチルの造語であった。

 

1942年10月、彼は戦争の真っただ中に外相だったアンソニー・イーデンに宛てた手紙の中で、戦後世界のビジョンを大まかに述べた。最善の希望はロシアを除くヨーロッパ合衆国で、ヨーロッパ各国間の関税は「ぎりぎりまで削減され、自由な旅行が可能になる」というものだ。戦後、彼はゴール人(フランス人の祖先)とチュートン人(ドイツ人の祖先)の連合、平和の殿堂などに言及した一連の熱狂的な演説を行っている。

イギリス第77代首相 保守党党首

1964年生まれ。イートン校、オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業。1987年よりデイリー・テレグラフ紙記者、1994年からスペクテイター誌の政治コラムニストとして執筆、1999年より同誌の編集に携わる。2001~2008年、イギリス議会下院議員(保守党)。2005年、影の内閣の高等教育大臣に就任。2008年から2016年5月まで2期にわたってロンドン市長を務める。2015年、再び下院議員として選出される。本書のほかに、The Spirit of London, Have I Got Views for You, The Dream of Romeなど著書多数。

著者紹介

連載チャーチルになれなかった男は何を語ったか

※本連載はボリス・ジョンソン氏の著書『チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力』(プレジデント社)より一部を抜粋し、再編集したものです。

チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

チャーチル・ファクター たった一人で歴史と世界を変える力

ボリス・ジョンソン

プレジデント社

いま、世界で最も注目されているイギリスのボリス・ジョンソン首相が、与党・保守党の党首を辞任するという。その奇抜な言動で、常に物議を醸し続けているジョンソン首相。 彼が尊敬してやまないウィンストン・チャーチルも傲…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ